MENU TEL

頭痛

「お辛い頭痛の症状。様々ありますがその原因、筋肉かもしれません!!」体液や神経の流れを正常化させる、杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い「荻窪たんぽぽ整骨院」の頭痛治療!

頭痛は様々な原因で起こります。しかしあまりにもひどく病院で診てもらっても原因があまり出てこない。このような場合は筋肉の緊張や骨格のゆがみが原因となっている可能性があります。こうしたタイプの頭痛は「緊張型頭痛」と呼ばれており、杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院の治療にて改善させることができます。

体液や神経の流れを正常化

筋肉が悪くなるとどんどん固くなってしまいます。特に首や肩周りの筋肉が固まってきますと頭に向かう血管が圧迫されてしまい、血液循環が悪くなってしまいます。行き場をなくした血管が頭で拡張してしまい神経を圧迫してしまいます。これにより頭痛が起こってきます。このような症状を良くしていくために杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院にて原因を取り除いてあげる必要が御座います。

深層筋治療の有効性

深層筋治療とは筋肉の奥深くに眠る「筋硬結」を取り除き、血液循環を促進させ、自己治癒力を高めてあげます。今までずっと治らずに凝り固まってしまった肩や首周りからくる頭痛にはかなり効果的です。また、首肩のコリを感じている方はそのこりも影響していると考えられます。お辛さを抱えてしまっている方はぜひご相談ください。そのお辛い症状も必ず良くなりますよ!

 

食事で痛み軽減?!

頭痛は食事で痛みや頻度を減らすことができると言われています。

その栄養素はマグネシウムとビタミンB2といわれるものです。

マグネシウムは大豆製品やナッツ類、ひじきやわかめなどの海藻類、ピーマンなどの緑黄色野菜に多く含まれています。ですので大豆製品のお豆腐を使ったサラダとかいいかもしれません♪

ビタミンB2は納豆、レバーや牛乳・ヨーグルトなどの乳製品、葉菜類に多く含まれています。

ですのでマグネシウムとビタミンB2が含まれる食材を普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

深層筋治療でリラックス♪

急に出てくる頭痛、何度も繰り返していたりするとお体だけではなく心にも負担が掛かりストレスになってしまいます。ストレスは交感神経が優位になっている証拠で、自立心家が乱れてしまうことも一番の原因になります。そこで、深層筋治療でゆっくりとリラックスして頂ければ症状を軽減させることができますよ!

 

血流の悪さから

頭痛にはいくつか原因があります。そのなかでも、肩こりや腰痛と関係しているのが血流の悪さなんです。

血液循環の悪さにより、頭痛が出てきてしまうとされています。実際、首肩のコリや腰痛の原因のシコリが血管を圧迫してしまっているため、深層筋治療ではそのシコリを取りにのぞき、頭痛を改善する事が出来ます。

偏頭痛や慢性的な頭痛でお悩みの方、お薬ばかり頼らないお体にしませんか?

 

楽しい毎日を過ごすために

いきなり頭痛に襲われると苦しいですし、物事に集中できません。また、外出時の場合ですと困りますよね。そんなことを予防するために深層筋治療で根本的に改善しましょう!

そして、「頭痛がきそう」という恐怖と不安に負けない毎日を過ごしましょう!

頭痛を治すための方法

頭痛を改善させていくために当院ではIMT(インナーマッスルセラピー)という手技療法をメインに行っています。
ただ、頑固なインナーマッスルの硬さがある方には、鍼治療を実施することもあります。
鍼灸治療は手では届かない深層部に刺激を入れることができるため、頑固な頭痛にも即効性を期待できる治療法でもあります。
もちろん、持続性を出すためには継続的な治療が必要ですが、まずは楽になりたいという方は鍼灸治療を受けてみるもの一つの手だと思います。

長年の頭痛を改善してみませんか?

頭痛を改善していくのは難しいと考えている方が多いと思います。
そもそも何が悪くて頭が痛いのかよく分からない!という方がほとんどだと思います。
頭痛は様々な原因で出ることがありますが、筋肉が悪くて頭痛が出てしまうという方が多いのです。
頭にも覆うように筋肉は張りまわっています。その筋肉がギぎゅっと縮んでくると同時に血管を締め付けてしまうので頭痛が出るというケースがほとんどです。
これを「緊張性頭痛」と言います。
緊張するのは日頃の筋肉疲労によるものもあり、ストレスなどの精神的要因でも緊張することもあります。
ただし、頭の筋肉だけが緊張するのではなく、首から肩にまでかけて緊張してしまうことがほとんどで頭だけの緊張を取るだけではいけない事です。
頭から肩背中周りまでしっかりと緊張をとることがより頭痛の改善に繋がるのです。
荻窪たんぽぽ整骨院ではそんな頭痛でお悩みの方々の施術を多くさせて頂いております。
1回の施術でも頭痛が改善されることも十分あります。
どこに行っても良くならない方、どこに行けばいいのか分からないという方はぜひ荻窪たんぽぽ整骨院にご連絡ください!

<h4あなたの頭痛は肩こりが原因で起きているかもしれません!

頭痛は「日本人の慢性痛NO1!」とも言われるほど、多くの方が頭痛に悩まされています。
パソコンでの長時間デスクワークや、スマホやゲーム機の利用などによっても頭痛が起きやすくなります。
これは長時間同じ姿勢でいることで、肩周りの筋肉が緊張し、コリが生まれ、いわゆる肩こりに繋がります。

肩こりは始めのうちは肩周りだけが張って痛みを感じる程度であっても、徐々に症状がひどくなると頭痛に繋がる恐れがあるのです。
たかが頭痛えと思っていても気づけば肩こりだけでなく、頭痛やめまいなどの症状を引き起こす結果になってしまうことも。

荻窪たんぽぽ整骨院では肩こりからくる頭痛を積極的に治療しており、明日。
肩こりの改善としましては、骨盤や骨格矯正を行い、筋肉もほぐしてあげるとより効果的です。あなたの慢性的な頭痛は肩こりや首のコリが原因で起きている可能性があります。

荻窪たんぽぽ整骨院へお越しいただき、頭痛の原因を特定していくことで治療がスムーズに行えるようになります。
荻窪たんぽぽ整骨院は保険診療が適用されているので安心して通院して頂くことが可能です。

これからの季節の頭痛を改善・予防しませんか?

頭痛は様々な原因で発生します。その中に、筋肉が原因となり頭に痛みが出るものがあります。1つ目は緊張性頭痛です。これは、頭痛のタイプの約90%を占め、人口の約3%は慢性的緊張性頭痛を持っていると言われています。このタイプは頚や肩にかけてのハリ感やコリを伴うことが多いのが特徴です。原因は様々あると言われていますが、頭や首の筋肉の緊張から頭痛を生じるとも言われています。2つ目は気候の変化による頭痛です。これは、気温や気圧、湿度の変化が自律神経や血管の血流に影響を与え片頭痛を引き起こします。気温や湿度変化が激しい梅雨や台風の時期に肩こりや頭痛を起こしやすいのは、筋肉の疲労物が蓄積されやすくなるからと言われています。

このように頭痛は風やストレス病気によって痛みが引き起こされるだけでなく、何らかの影響により筋肉が原因となって痛みを引き起こすこともあるのです。頭痛はとてもお辛い症状です。痛みを止めるために頭痛薬を服用される方も多いと思います。しかし、この頭痛薬というのは一時的に痛みを抑えるものであって根本的に痛みを取り除くものではございません。痛みの原因が取り除かれない限り、痛みや違和感は何度も何度も引き起こされます。繰り返す痛みにお困りの方は治療を体験してみませんか?

ご自宅での頭痛ケアの注意点

皆様はお辛い頭痛にどのような対応を行っていますか?
痛みが出たら「頭痛薬」を飲んでその場を乗り切っていませんか?
確かに薬を飲むと一時的に痛みが改善するかもしれません。しかし、それは一時的に痛みを抑えているだけであって、痛みの原因を治しているわけではないのです。痛み止めと言われる薬は痛みの原因物質である「プロスタグランジン」の分泌を抑えることで痛みを止めています。 このプロスタグランジンの働きは主に4つあり、① 知覚神経を過敏にして痛みを起こさせる②血管を拡げる③発熱を促す④交感神経の働きを抑制する です。頭痛は、交感神経優位になり筋肉が収縮することで生じます。しかし、痛みを止めようと痛め止めを飲むと、プロスタグランジンの働きを弱めることになり①~④と逆の状態を引き起こします。つまり、薬を飲むことで交感神経が優位になり筋肉は緊張し硬くなり、その中を走る血管が収縮してしまうため、頭痛を引き起こす要因を増加させてしまうのです。
これらの事から、お辛い頭痛でお悩みの方はどうしても痛みが強い時以外はお薬に頼るのではなく、痛みを引き起こしている原因をしっかりと治していく必要があるという事を覚えておきましょう。

筋肉が原因の頭痛の予防策について

筋肉が原因で頭痛を引き起こす「緊張型頭痛」の予防法をご紹介します。
①長時間同じ姿勢をとらない
定期的に姿勢を正して、同じ姿勢で長時間の作業をしないようにしましょう。
②首や肩の血行を良くしましょう
気づいたときには以下のような簡単なストレッチをこまめに行い、首や肩の筋肉の緊張をほぐしましょう。
● 両肩を上げてストンと落とす
両肩を上げて、ストンと落とします。力を入れすぎず、自然な状態で10~20回程度行いましょう。
● 首を左右に倒す
左手を頭にのせて、右肩の力を抜いて左側へゆっくりと首を倒します。反対側も同様に。左右とも5~10回程度ずつ行いましょう。
● イスに座って前屈
イスに浅く腰をかけ、脚を前に伸ばします。両肩の力を抜いてリラックスしながら、首を前にゆっくりと倒します。5~10回程度行いましょう。
③枕の調節しましょう
睡眠中も筋肉に負担だかかり続けています。その際高さの合わない枕を使用すると身体に大きなストレスがかかります。また、柔らかすぎる枕は首の負担になり、知らず知らずのうちに筋肉を緊張させることになります。高すぎず、柔らかすぎない自分に合った枕を選ぶことが大切です。

頭痛でお困りの皆さんへ

湿度が高くジメジメとした天気が続くこの時期に頭痛に悩まされている方は

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後