MENU TEL

坐骨神経痛

病院の治療と併用可能な杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院の坐骨神経痛治療

坐骨神経痛というのは、腰骨から足にかけて伸びている坐骨神経に沿ってあらわれる症状です。座骨神経は人体の中でもとれも太い神経です。最初は軽い痛みかもしれませんが、徐々にしびれが出てきたり、ひどくなると足が麻痺したようになり、普通に歩くことさえつらくなってしまうこともあるのです。杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院では患者様の坐骨神経痛の原因を見つけ出し根本治療を目指していきます。

神経の圧迫を取り除いていきます

坐骨神経痛というのは疾患名ではなく症状を指すものです。椎間板ヘルニアや腰椎すべり症、慢性的な腰痛など何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されてしまい坐骨神経痛が起こっているのです。杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院の治療は、患者様が抱える原因によって最適な施術をご提案いたします。

お薬を使用している方も受けていただける治療です

杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院の坐骨神経痛治療は、手技療法や物理療法、骨格の矯正などを組み合わせておこないます。お薬を使うこと御座いませんので、現在病院に通われているという方も副作用の心配なく当院の施術を併用していただくことができます。快適な生活を取り戻すために根本治療の大切さについて考えてみてください。

過去に経験されていた方も予防として

過去に体験されている方も、よくあるのが再発です。坐骨神経痛はしびれがおもですが、しびれがまた出てきてしまえば何事にも集中することが難しくなってしまいます。そこで、しっかりと再発予防としてしっかりと根本治療をしませんか?お気軽にご相談ください。

坐骨神経って何ですか?

そもそも坐骨神経とはどのような神経なのかご存知ですか?
坐骨神経とは、多くの動物において身体の中でもっとも大きく長さのある神経だと言われています。人間の坐骨神経は中に2つのトンネルがあり、その中に「総腓骨神経」と「脛骨神経」という2種類の神経が通っています。さらに、総腓骨神経は「浅腓骨神経」と「深腓骨神経」という2つの神経に分かれていきます。

実際に身体のどの辺を通っているかと言いますと、お尻のあたりから脚に向けて通る非常に大きな神経です。長さは何と1m以上にもなり、太さはい番太い箇所で親指ほどの太さになるそうです。このように大きな神経が筋肉の間を通っているわけですから、圧迫を受けやすく坐骨神経痛として脚に痛みやしびれなどの症状が現れてきます。

また、この神経には感覚伝える感覚神経と筋肉を動かすための運動神経の2種類の働きがあるのです。このために、痛みやしびれなどの感覚に関する症状や脚が思うように動かないなどの歩行障害が発生します。

そして、脚に症状が出ていても、その多くはお尻にある「梨状筋」という筋肉による圧迫が多いため、原因は脚よりももっと上のお尻や腰のあたりにあることも多いのが特徴です。

神経とは、植物の根のように身体の中に張り巡らされています。人体で最大の坐骨神経について簡単にご説明させて頂きました。もし気になる事、分からないことがございましたらお気軽にご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後