MENU TEL

交通事故治療

事故後は杉並区の中央線沿いの荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院で早めに交通事故治療を

交通事故は自分がいくら気を付けていてもふとした時に起こってきてしまい、精神的や身体的に多大な負担が掛かってしまいます。また、交通事故による負担というのは他の怪我と異なり衝撃が強く、すぐに症状として出なくても後々数年後に症状が出てくるケースも多いのです。近年は自転車の利用も増え、その分危険も多くなっています。交通事故では、日常生活では受けることのないような大きな衝撃が身体に加わります。出血や、脱臼・骨折といったように見た目に何らかの異常が見て取れるものだけではなく、身体の内部を損傷してしまっているケースも御座います。荻窪たんぽぽ整骨院では、専門的な交通事故治療によって、レントゲンでも見つけられないつらい症状の原因を見つけ出し、取り除いていくことが出来ます。その根本的なものは、普段お体を酷使されている方ほど根深いものになっているケースが多く、しっかりとケアをしてあげないと後々のお辛さも強く出てしまいます。

一時的な対処ではなく根本治療をしなければ意味はありません!!

交通事故によるむちうち症などは、原因が見つけづらいために、とりあえずシップや痛み止めのお薬が処方されて様子見になることも少なくありません。しかし、一時的に痛みが抑えられたとしても、お薬の効果が切れれば痛みは繰り返されてしまいます。また、今は症状として出ていなくても、何年後・何十年後に症状が出てくることもあるのです。荻窪たんぽぽ整骨院の交通事故治療は、根本治療を基本としておりますので後遺症対策にも最適です。

交通事故の治療は早めの治療開始が大切です。

交通事故に遭われたら、事故直後には痛みが無かったとしても荻窪たんぽぽ整骨院へお早めにご来院ください。身体の状態を放置してしまうと、「常に頚が動きづらい」「しびれが出る」等の後遺症となって症状が出てくることも多いのです。早めの治療開始が早期改善のためには非常に重要になります。気軽に当院へご相談下さい。交通事故診療に関する説明もしっかり行いますので、安心して治療を受けることが出来ます。

窓口負担額は0円!

「交通事故の治療の料金ってどうなるの?」と気になるかと思います。交通事故は保険会社さんとの連携が必要なため、窓口でのお客様の負担金額は0円となっております。また、気になることなどございましたら交通事故治療担当の者が対応させていただきますので一度当院へご連絡ください。

放置してしまうことが一番危険です!

多少のむち打ちや打撲をそのまま放置しがちではありませんか?そのむちうちや打撲は筋損傷に当たります。放置し続けてしまえば、痛みは消えていくかもしれませんが、治っていくわけではありません。悪化していくのです。そこで、事故後、、多少の違和感を感じていて、我慢できる程度だとしても一度お医者様に受診なさってください。そのあと、診断書をもとに完治に向けて治療をさせて頂きます。

手続等で不安なこと

事故での治療となると、特に初めてであればどのような手続きをするべきなのか、準備するものは?時になること、不安なことがたくさんあるかとは思います。そんな時にはぜひ一度当院へご連絡ください。手続きの流れや、必要なものなどお教えいたしますのでご安心して頂けたらと思います。

交通事故の恐いところ

目に見える怪我はすぐ気が付きますが、目に見えない怪我はなかなか対処を行うことが遅くなってしまいます。
目に見える怪我は痛みだけではなく視覚的に『危険だから早く治さないと!!』という精神状態になります。しかし目に見えない症状や痛みは『痛みはそのうちに消えるだろう…』と思ってそのままにしてしまう方が多いのです。
交通事故はとても大きな衝撃があり、筋肉に細かい傷を作ってしまいます。
これが目に見えない怪我なのです。
筋肉はとても傷つきやすい組織なのです。
日常生活やスポーツでも細かい傷を作ってしまいます。
この積み重ねで痛みが出たりしますし、交通事故によって筋肉に傷がついてしまい、この傷が治りきっていないから痛みや症状が取れないのです。
やはり、交通事故はとても大きな衝撃であり、日常生活で出来てしまった筋肉の細かい傷とは違い不快傷がついてしまいます。
今まで重ねた細かい傷で出来てしまった悪い下地の上にまた傷を負ってしまい、更に悪い下地になってしまいます。
この筋肉を治療していくには一刻でも早い治療を行って行くことが大切なのです。
傷がついてしまった筋肉は放置してしまうとどんどん悪くなり悪くなってしまいます。
早めに受診して痛みを残さず治療しましょう!
交通事故の改善はたんぽぽ整骨院で!

交通事故で怪我をしてしまうと、衝撃が強いので深層筋まで傷がついてしまうことがあります。深層筋に傷がついてしまうことで、動きが悪くなったり、痛みが強くなることがあります。
しっかりと治療を行わないといつまでも辛い症状が残ることもあります。
痛さでお困りのか方はお気軽にご相談ください。

交通事故の治療もたんぽぽ整骨院にお任せください

どんなに気をつけていても巻き込まれてしまう恐れがあるのが交通事故です。
もしも交通事故にあってしまった時はどうしたら良いのでしょうか?
今回は交通事故治療についてお話しします。

交通事故では、普段体験しないとても大きな力が身体に加わります。
その為、様々な症状が身体に現れてきます。例えば、出血、骨折、脱臼など目に見える怪我や、身体の内部(内臓)を損傷してしまっている場合あります。例え、事故直後に痛みや異常がなかったとしても、後から様々な異変が現れることもあります。痛みがないからと言って油断せず、きちんと医療機関で診てもらうことが大切です。

たんぽぽ整骨院では、常に交通事故担当の者が対応させて頂きます。お気軽にお電話ください。
また、現在他の医療機関(病院や接骨院)に通院されている方でも転院は可能です。少しでも早く専門的な治療を受けることをお勧めします。

最後に交通事故の治療費についてお話しします。交通事故治療では「自賠責保険」を活用した治療が行われます。そのため保険会社さんとの連携が必要となり、窓口でのお客様の負担金額は0円となっております。また、手続きの流れなどについても不安なことがたくさんあるかと思います。そんな時にはぜひ一度当院へご連絡ください。手続きの流れや、必要なものなどお教えいたしますのでご安心して頂けたらと思います。

交通事故治療ってどんなもの?

身体が痛くて病院に行ったのに湿布しかもらえなかった。そんな経験はございませんか?

交通事故による怪我に骨折や脱臼、むち打ちなどが挙げられます。骨が折れていたり、関節が外れてしまっていたら、皆さんも急いで治療にかかると思います。では、むち打ちの場合はどうでしょうか?「首が痛い」「違和感がある」といった身体からのSOSをきちんと受け取っていますか?「このくらいなら大丈夫」とお身体のケアを怠っていませんか?むち打ちも怪我です。むち打ちは、首がむちのようにしなったために起こる症状の総称です。原因や損傷の程度により頚椎捻挫型、神経根症型、脊髄損傷型、バレリーウー型などに分かれ自覚症状もさまざまです。その為、原因にあわせた治療が必要となります。また、むち打ちの症状は事故直後には出ない場合もあります。何故かというと、事故に遭われた衝撃で身体が興奮した状態になり、不調や異変を感じにくくなってしまっているからです。これ「くらいなら大丈夫」と思わず一度ご相談ください。たんぽぽ整骨院では「深層筋治療」を行っております。身体の表面だけでなく、深い場所にある筋肉に刺激を加え、痛みや不調の原因である「筋硬結」にアプローチします。そうすることで私たちの持つ身体を治そうとする反応を引き起こし、痛みや不調の原因を取り除いていきます。事故に関しての手続等の不安もあると思います。たんぽぽ整骨院には、交通事故治療の担当がおりますのでお気軽にご相談ください。

交通事故の治療もたんぽぽ整骨院にお任せください

今回は交通事故に遭われた時の注意事項についてお話しします。

万が一交通事故に遭われた場合に、どういったことに気を付けたらよいのでしょうか。
①まずは安全を確保してください
 負傷者がいる場合には、救急車を呼んだり、動けるようであれば安全な場所へ移動し、二次被害が起こるのを防がなければなりません。また、負傷者に命の危機が迫っている場合(通常の呼吸をしていないなど)には、①救急車を呼ぶ ②AEDを持ってきてもらう ③AED到着まで心臓マッサージを行ってください。

②警察へ届けでましょう
 これくらい大したことないと自己判断せず、しっかりと届け出るようにしてください。また、警察への届出を怠ると、保険会社に保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」が発行されません。

③保険会社に連絡をしましょう
 自分の契約している保険会社に、事故報告をします。加害者であれば、相手方への賠償のために当然必要なことですが、被害者であっても自分の保険会社に報告をしておくべきです。 

④必ず病院や接骨院を受診しましょう
 救急車で運ばれるようなケガなら当然ですが、後日診察を受ける場合でも人身事故の取り扱いにしていないと治療費などの支払いが受けられなくなります。事故直後は興奮しているため、症状が出ない方がいますが、必ず当日のうちに受診しておいてください。たとえその日は何の症状が出なくても、後から何らかの症状が現れることは往々にしてあります。
軽微な事故に見えても後で体に異常が出たなどということはよくあることです。これくらいなら…と自己判断せずしっかりと見てもらうようにしましょう。

交通事故の怖さ

いくら気をつけて生活していても巻き込まれてしまうことがあるのが交通事故です。交通規則をしっかりと守っていても巻き込まれてしまうことがあります。また、不幸中の幸いで怪我が軽くおさまることもありますが、時に命を奪われてしまうこともあります。また「二次事故」という言葉を耳にしたことはありますか?、その名の通り、二番目に起ってしまう交通事故の事を指します。最初に起きた交通事故が原因となって、連続で引き起こされてしまう交通事故の事です。例えば、衝突の交通事故が起きてしまった際に後ろの車が止まりきれず、一番初めに事故を起こした車に衝突をしてしまうなどの交通事故の事を、二次事故と言います。この二次事故が発生してしまうと死亡率が非常に高いということが分かっています。もしも交通事故を起こしてしまったら、もしも交通事故に巻き込まれてしまったら、速やかに周囲の安全を確保するように努めて下さい。車を路肩に停車させ、けが人がいるようであれば、安全な場所へ連れて行くことを優先して行いましょう。車が万が一走行が不可能な場合は、まずはハザードランプを付けたまま、後方車両に注意しつつ、必要に応じて三角板の設置、発煙筒の設置などを行う事が大切です。こうした安全措置を取ってから、上で述べたように各機関に連絡などを行いましょう。そして交通事故の怪我に特徴なのが、時間が経ってから症状が出てくることがあります。数日してから「痛い」なんてことが起こるもの交通事故の怖いところです。事故に遭われたら必ず医療機関にかかるようにしましょう。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後