MENU TEL

スポーツ障害

成長期に起こるスポーツ障害は杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院で治療をしましょう

スポーツ障害には、オスグットやシンスプリント、ジャンパーズニー、野球肩や野球肘、テニス肘など全身のさまざまな症状が御座います。どのようなスポーツ障害であっても大切なのは、痛みや違和感が出てきたら無理をしないことです。また、これからもスポーツを続けていきたい方にはお早めに私たち荻窪たんぽぽ整骨院にて施術をさせて頂く思います。

成長期には特に注意が必要

身体が一番成長する小学校高学年から中学生ぐらいの成長期のお子さまには特にスポーツ障害に気をつけていただきたいのです。膝の痛みですと単なる成長痛として片付けられてしまうことも少なくありません。我慢しながらスポーツを続けることで、長期間痛みに苦しめられるようになり思い切りスポーツができなくなってしまうかもしれません。保護者様もお子さまのお身体の状態に気を配ってあげて、スポーツ障害を抱えているようでしたら荻窪たんぽぽ整骨院への受診を勧めてあげてください。

安静にしているだけよりも確かな効果

スポーツ障害を負ってしまったときには、しばらくは運動を中止して安静にすることも大切です。ただ安静にしてるだけよりも、荻窪たんぽぽ整骨院にて治療を受けていただいた方が素早い改善につながります。

 

オスグット

オスグットとは、大腿四頭筋の柔軟性不足により膝を曲げ伸ばしする動作を繰り返すと停止部である「脛骨粗面」が隆起してきてしまいます。

ボコッと出てきてしまい、見た目でもわかりやすい症状です。その隆起した部分に直接刺激が加わると激痛が走り、一時的に動かせなくなってしまう人もいます。また、柔軟性がないことが原因なため、急激なストップ動作などに負担が掛かり痛みが出てきたりします。ですので、現役プレイヤーからすればとてもつらく厄介な症状なのです。

今現在は専用のサポーターなどが販売されていますが、それを身に着ければ完治するわけではありません。あくまで痛み軽減、出る回数を減らしているだけであり治ったわけではないのです。

そこで、当院のインナーマッスルセラピーでまずは大胆四頭筋の柔軟性を出していくことで痛みを軽減していきます。またしっかりと治療を重ねていくことで必ず効果が得られます!

まだ学生でこれからもスポーツを続けていきたい方、ぜひそのままにせず一度ご相談ください!

 

捻挫

何度も繰り返してしまう捻挫、そのままですと危ない状況です。

捻挫は、じん帯損傷なのですが原因は筋肉にあります。

骨や関節をつなぎとめる役割をする靭帯は、もともと可動性はありません。

足首で例えますと、足首を自由に動かせるのは膝からのびている前脛骨筋、後脛骨筋、長・短腓骨筋、屈筋群、伸筋群、ヒラメ筋、腓腹筋などと言った足首だけではなくふくらはぎ・すね周りの筋肉、太ももなどが関わってきます。それらの筋肉の柔軟性や、衝撃に耐えることができる筋力がなければバランスが崩れ捻挫をしてしまったりします。

つまり、根本的な原因は柔軟性と筋力なんです。当院の深層筋治療では筋肉の柔軟性を出す事にも効果はございます。社会人で運動されているかた、お子様で運動されている方、年代問わずいつでもご相談ください!

 

ランナーズニー(腸脛靭帯炎)

ランナーズニー、日本語で腸脛靭帯炎というのですが字のごとく走ることが多い種目の競技の方が多い怪我です。

腸骨という股関節にある骨からひざ下にある脛骨にかけて伸びている靭帯です.。痛みが出やすいのは膝の外側なのですが、なぜここに痛みが出てきてしまうのかと言いますと殿筋や大腿四頭筋、ハムストリングス、下腿三頭筋と言った下肢にある筋肉の柔軟性や筋力バランスが大きく関係しています。

ランナーズニーは痛くなることはありますが痛めてしまっているのは靭帯なので耐久力などが100%までもとには戻りません。そこで筋肉で補うんです!まずはしっかりと柔軟性を出すためにも筋硬結等を除去し、健康なお体にします。そうすればほかの怪我など引き起こしにくい状態ですのでこれからもスポーツをし続けていく学生や社会人の方にはお勧めです!

 

セルフケア

セルフケアとして大切なのがお体を温めることと柔軟性を維持することです。

特に日頃から運動をされている方はストレッチの重要性をご存じかと思います。

ストレッチを正しい姿勢で行うことにより運動によって溜まった疲労などを溜まりにくくします。また、血流が良い状態が続くので治療効果も維持されます。

日頃から運動されている方は意識されてみてはいかがでしょうか?

分からない怪我はご相談を

運動後などで急に痛くなってきたけれど、原因が不明。そんな時、対処しづらいとおもいます。また、その時に病院へ行かれても原因が明確に説明されなかったり、シップだけいただいて終わってしまったりしませんか?そんな時はぜひ当院へご相談ください!当院の柔道整復師取得者のスタッフがサポートいたします!

一緒に原因を明確にして改善していきましょう!

 

スポーツの怪我

皆さんはスポーツの怪我と聞いて何を思い浮かべますか?実はスポーツの怪我には大きく分けて2種類ございます。1つ目は「スポーツ外傷」、2つ目が「スポーツ障害」です。前者は、一度の外力が原因で怪我してしまったもので捻挫や打撲、脱臼や骨折がこれに含まれます。後者は、小さな外力が何度も加わることで発生した怪我で、オスグットシュラッター病やジャンパー膝、ランナーズニー、野球肘などがこれに含まれます。

今回はこの「スポーツ障害」に着目してお話しします。先程述べましたように、スポーツ障害が発生するまでには外力が何度も繰り返して身体に加わります。つまり使いすぎ(オーバーユース)による発生が多い怪我です。ですから、日頃からストレッチなどのお身体のケアをしっかりと行うことが大切です。また、個人個人にあった運動強度で運動を行うことが大切です。よく成長期のお子さまがスポーツ活動をしていて膝が痛いと訴えることがあると思います。そういう場合には「根性が足りない!気合で乗り切れ!」というのではなくきちんと休息や治療などケアをしっかりと行うようにしてください。特にお子さまの場合は、保護者の方のご協力が必要となってきます。もし、分からないことがございましたらお気軽にご相談ください。

スポーツ障害によるお身体の異常は荻窪たんぽぽ整骨院にお任せください

スポーツ障害とはスポーツをすることによって起こる怪我や症状のことを言います。
そのため行うスポーツによってスポーツ障害の種類も変わってきます。
脚を頻繁に使うスポーツにおいては、ふくらはぎ、太もも、足首などにスポーツ障害が起きやすく、腕や肩など上半身を使うスポーツの場合は、肘や肩などに炎症を起こしやすくなります。

例えば、テニスであれば、テニス肘、野球であれば野球方など各種スポーツによって起こるスポーツ障害には名前が付けられています。特に利き腕を使ってスポーツをする場合、身体のどちらかを頻繁ンに使うためバランスを崩しやすくなります。

スポーツ障害は始めのうちはスポーツをしているときだけ痛みや違和感が出ますがそのまま放っておくとどんどん症状は悪化し、スポーツをしているとき以外でも痛みを感じるようになってきます。
荻窪たんぽぽ整骨院ではスポーツ障害の施術も得意としており、たくさんの患者様の施術を行ってきました。

今後もスポーツを楽しく出来るように荻窪たんぽぽ整骨院ではサポートさせて頂きます。
スポーツ障害でお悩みの方はぜひ荻窪たんぽぽ整骨院へご相談ください。

成長期のお子さまの身体は大人のミニチュア版ではありません!!!

成長期に起こりやすい「スポーツ障害」についてお話しします。小学生・中学生・高校生の皆さん、部活動は楽しんでいますか?試合直前の練習など痛みや違和感があっても、つい無理してしまうことがありますよね。昔は当たり前だった練習方法が、今では間違いだということもあります。成長期は骨や関節が柔らかいため過度な負担やトレーニングの繰り返しは「スポーツ障害」の原因になります。お子さまも保護者も指導者の皆さんも、ちょっとした痛みや違和感、姿勢の乱れなどお身体からのSOSを見逃さずスポーツ障害を予防しましょう。
ではなぜ成長期のお子さまに多いのでしょうか?成長期は、成熟した大人になる準備段階であり、決して大人のミニチュア版ではありません。準備段階であるがための特徴があり、この特徴を理解することが、スポーツ外傷や障害の予防につながります。以下がその特徴です。①骨が柔らかい(弱い):成人の骨のように硬くなっていないのでぐにゃっと曲がるような骨折を起こしやすくなっています。②自然治癒力が高い:治りが早いのは良いことですが、
例えば、骨折を変形したまま放置してしまうと、早期に変形したまま骨が癒合しまい、機能障害が残ってし
まうことがあるので注意が必要です③骨端線(成長線)が存在:成長期の骨は、骨の中心部にあたる骨幹部と、骨の端の部分にわかれており、その間に骨端線が存在しています。成長期の骨端部には、骨端軟骨が存在し骨の長さの成長を司っています。成長とともに骨端軟骨の中心に骨ができ、次第に骨端全体が骨となり、骨端線が消失して、骨幹端部とつながって大人の硬い骨になります。人間の成長に大変重要な部分ですが、成長を重ねている間は力学的負荷に弱く、外傷や障害が起こりやすい部分です。④柔軟性の低下:身長(骨)が急激に伸びると、筋肉の発達が追いつかず筋肉が相対的に短縮し、結果として、筋の柔軟性が低下して、体が硬くなります。この骨と筋の成長のアンバランスが、「成長痛」の
原因ともいわれています。また、この時期は、成長軟骨にも負担がかかりやすくなっています。

ケガの治療

スポーツでは激しい運動や危険がいっぱいです。骨折や捻挫、肉離れ、オーバーユースなどいろんな怪我があります。骨折はもちろん整復と固定が必要でなのですが、実際に壊れた組織を治すのは自分陣の身体なのです。自己回復力を高めていくのに必要なのは血液が必要なのです。血液循環が弱ってくると回復力や免疫機能も一緒に落ちてきてしまうのです。ではどうやって治療を行っていくのかというと筋肉を緩めて血液循環をしっかりと良くしていくことが大事なのです。
そしてもう一つ。脊柱(背骨)から神経が出ています。脊柱の際に就ている多裂筋という筋肉があります。この筋肉は身体を支える大事な筋肉でありインナーマッスルといいます。この筋肉が硬くなってしまうと脊柱から出ている末梢神経を圧迫してしまうのです。瀬きちゅからいろんなところの神経は分布しています。神経障害が起こると分布している筋肉が過緊張を起こしてしまったり、本来緩むはずの筋肉が緊張し続けたりします。怪我自体は良くなったけれどもまだ痛むといった時、実は脊柱周辺の筋肉の緊張によるストレスのせいでまだ痛みが抜けないと言った症状に繋がってしまいます。
しっかりと神経障害を起こさないようにしましょう。

予防?治療?

スポーツ障害はスポーツ選手にとってはいつも背後に付きまとう厄介なものです。
いつ怪我に繋がってしまうのか、不安な気持ちはありますよね。
スポーツも様々なケースがあります。
筋肉に耐えきれないような力が加わってしまって筋肉事態がブチブチと切れてしまい痛みが出てきてしまうケースとスポーツや日常生活で筋肉に細かい傷や細かい傷や疲れをため込んで、それが許容範囲を超えてしまうと痛みが出てきてしまいます。
痛みが出てきてしまう状態と言うのは筋肉についてしまった細かい傷が治りきっていない状態です。
筋肉や組織というのは傷ついたり傷めたりすると炎症反応が起こして回復します。
しかし痛みや不快な症状が出て続けたりすると周囲の筋肉が傷ついた筋肉をかばってしまうのです。
かばわれると筋肉の炎症反応が途中で止まってしまいます。
止まると行っても完全に止まるわけではなくくすぶった状態の炎症反応のなるのです。
炎症反応がおさまると組織は修復した状態になるが常に炎症を続けている状態になってしまいます。
こうした状態が続くとこの筋肉は悪い下地になってしまい、新しい傷をつけてしまいます。
何回でも新しい傷を作り続けてしまうので、その前に悪くしている悪い下地を治療して怪我、スポーツ障害を予防しましょう。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜