MENU TEL

大勢の方の悩み。。。四十肩・五十肩

肩こりとは異なる、荻窪たんぽぽ整骨院の四十肩、五十肩治療

四十肩、五十肩の痛みは、日常生活にも支障が出てくるほどに強いものになってしまいがちです。また、腕が全く上がらなくなってしまうなど運動制限もきつくなり、何気ない動作も出来なくなってしまうことも御座います。肩こりとは異なり、痛みだけではなく可動域の制限も起きてしまうのがこの四十肩・五十肩の怖いところです。杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院では、四十肩、五十肩のつらい症状を素早く改善させるための治療をおこなっておりますので、是非お早めにご相談ください。

正式名称は、『肩関節周囲炎』と言います。

四十肩・五十肩は正式には「肩関節周囲炎」と言います。何故起こってしまうか?というと、肩関節の使い過ぎ、使わなさ過ぎなどと言われていますが、人それぞれ違うようです。ただ、痛みを出している原因は、筋肉なんです。私達の深層筋治療は、肩関節周囲の原因を治療する事は勿論、根本的に改善するためにも、肩甲骨の高さ付近の背骨の脇の筋肉を治療をします。肩関節を構成する筋肉を支配している神経の根元を治療をするんです。そうする事で、四十肩や五十肩の辛い症状は必ず改善します。

肩こりとは異なる症状です

慢性的に肩こりを抱えている方ですと、四十肩、五十肩になっていたとしても、肩こりがひどくなったのでは?と思ってしまうこともあるかもしれません。しかし、四十肩、五十肩というのは、肩こりとは原因が異なります。
四十肩、五十肩は、腱に炎症が起こっていたり、腱板を損傷していたり、関節が固まってしまっていたりするのです。杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院では、お身体の状態を細かくチェックし、最適な治療法をご提案させていただいていただきます。

早く症状を取り除くためには

とにかくつらい痛みを抑えるために、痛み止めを飲んでいたり、ブロック注射を打ってもらったりしている方もいらっしゃるかと思います。しかし、そうした処置は、あくまでも対処療法ですので、しばらくするとまた痛みが復活してしまいます。杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院では、素早く根本から痛みを取り除くための治療をおこないます。肩や腕の動きは私たちヒトにとってはなくてならないものです。
お辛いその症状、ぜひご相談ください!!

根本から改善しましょう

四十肩の症状は非常に頑固なことが多いです。
慢性的な疲労が積み重なり、症状が発生するケースがほとんどのためです。
そのため、、一時的な症状改善が見込めても根本的な改善が難しいケースがあります。
しっかりIMTで改善していきましょう。

運動はOK?

よく四十肩の方に「運動はOK?」と聞かれますが、基本的にOKです。
むしろ動かせる範囲内でしっかり運動をした方が劇的に改善度が違います。
もちろん痛みがでるのに我慢して行う必要はありません、

四十肩は温める?冷やす?

上に記載しているような「運動はOK?」の他によく聞かれることとして「温めればいいのか、冷やせばいいのか」です。
基本的には「温める」ことをお勧めします。
温めることにより血液循環が改善し、治療効果が高まるからです。
冷やすと逆に治癒を遅らせてしまうことがあるので注意しましょう。

四十肩・五十肩の辛い肩の痛みは荻窪たんぽぽ整骨院の施術がオススメです

四十肩、五十肩は名前の由来の通り、40代から50代に頻発する肩周りの炎症症状になります。
40代、50代でこの症状を発症するケースが多い為、この名前がつけられました。四十肩、五十肩は肩関節に痛みがあったり、肩が上がらなかったりする症状であり、肩関節に炎症や収縮を起こすことによって痛みがでます。

四十肩、五十肩はじっとしていればいつか治る、肩を使わずに安静にしておけばよいと考える方がいます。しかし四十肩、五十肩はそのまま放っておいても、症状はそれほどよくならず治ったとしても数年の時間が必要な場合もあるのです。

四十肩、五十肩になったのに痛みを我慢して無理に動かしてしまうと余計に方を傷める
ことにもなってしまいます。肩の痛み、肩の可動域が狭くなったと感じる方は無理をせずに荻窪たんぽぽ整骨院へご相談ください。

荻窪たんぽぽ整骨院では四十肩、五十肩になった患者様の治療を積極的に行っております。肩周りの痛みやハリが強い場合には、肩の筋肉をほぐして痛みを改善していく筋肉治療も実施しております。年だからと諦めるのではなくきちんと四十肩、五十肩の治療をすることで症状は劇的に改善されます。

急性の疼痛

急性期の痛みは炎症を起こした腱板や肩抱下滑液包の痛みが主な理由になりますが、周辺組織に広がる場合もあり、肩周辺にかなり広く疼痛を感じることがあります。
安静にしていても痛みがあるのが特徴で、特に夜に痛みが強くなるのが特徴です。
そのときは腕までも痛みを感じることがあります。
夜間は身体が冷えることや、寝ている時に上腕骨の肩抱下滑動機溝に長時間圧力がかかることが原因と考えられます。
このような場合起き上がって腕を下げておくと痛みが軽減することがあります。
日常生活で服の着脱、入浴時(身体や髪を洗う動作)、トイレや腕を挙げようとする動きによって痛みが出たり強くなったりします(運動時痛)。その為、肩関節の動きはかなり制限されると思います。
インナーマッスルセラピーでは短い時間ではなかなか触れない深層筋を触ることで根本改善出来ます。
五十肩と心当たりがある方はぜひたんぽぽ整骨院にご相談ください。

四十肩・五十肩の病期

四十肩・五十肩には病期と言われる症状の変化があります。

急性期(発症から2週間~1カ月)
突然、腕を動かしたときに肩に激痛が走るのが四十肩・五十肩の典型的な発症パターン。
この時期の特徴は、夜に寝返りを打つだけで痛みを生じる「夜間痛」や肩を動かすと二の腕や手先に痛みや痺れが伝わる「放散痛」を伴う場合があります。こういった急激な痛みは数日間で治るのが一般的です。しかし、無理は禁物で安静がもっとも大切な時期です。

慢性期(半年から1年)
急性期の痛みが治まり鈍い痛みへと変わってきます。この時期は、肩が上がりにくくなるなど肩関節の可動域がだんだんと狭くなってきます。これは急性期に起きた炎症の影響です。筋肉が委縮して固くなることで起こります。特徴としては、着替えや洗髪が上手くできないなどの日常生活に支障をきたします。慢性期は半年から1年続くこともあり、痛みを感じない程度の適度なストレッチが有効です。しかし、痛みが減ったからと言って無理をすると、痛みがぶり返すことがあるので要注意です。

回復期
肩関節拘縮(肩の可動域の低下)が改善してきて、少しずつ腕が動かせるようになる時期です。痛みはほとんどありません。しかし、人によってはこの時期になっても「肩の動きが非常に悪い」ということもあります。適度なストレッチなどで、徐々に肩を動かしていきましょう。

四十肩・五十肩は若いうちからの生活が大切??

四十肩・五十肩は中高年になってから発症することが多く若い頃の生活は関係ないと思っている方も多いと思います。四十肩・五十肩とは「肩関節周囲炎」の俗称で、肩関節の周りで炎症が起こっている状態を指します。中高年に発症しやすいという特徴はありますが、原因は加齢による老化だけでなないのです。例えば、若い頃にスポーツや労働で肩を酷使していた人、傷めたことがある人は発症しやすいと言われています。また、日常生活の中での姿勢や行動も発症に関わってくると言われており、まだ発症していない方は日頃の生活習慣を見直すことで今後の発症リスクを抑えることが出来ます。また、四十肩・五十肩を経験された方ももう一度生活習慣を見直すことで予防や対策に繋がります。予防としましては、悪い姿勢をとらないようにすること。歩い姿勢をとり続けてしまうとどうしてもお身体に負担がかかります。まずは正しい姿勢を心がけましょう。また、肩周りのストレッチや軽い運動を行うことも大切です。肩を大きく動かせる範囲を維持できるように心がけましょう。まだ若いから大丈夫!と思わずにこれからも元気に生活するため、軽い運動や正しい姿勢を意識して生活してみませんか?

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後