MENU TEL

しびれ

杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院で身体のゆがみを整えてしびれを改善

身体をもっと使っていきたいと思っていてもなかなか動かせなこともあります。
痛み・動かしにくさ・しびれ・・・といったものがあり、様々です。手足のしびれには、脳卒中や糖尿病など何らかの疾患が原因になっているケースも御座います。重度のしびれを感じる場合には、病院で適切な検査・治療を受けるようにしてください。病院で検査をしたけれども特に異常がなかったという場合には、杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院の治療にて改善させていくことができます。

身体の歪みが大きな原因の一つです

頚椎や背骨、骨盤など骨格に歪みやズレがある場合、神経が圧迫されてしまいしびれが起こることが御座います。また、身体のゆがみから筋肉が緊張してしまい硬くなり、血液の循環を妨げているということもしびれの原因の一つなのです。放っておくと、身体のゆがみがどんどん広がっていきその分しびれの症状も強くなっていく傾向に御座います。また、椎間板ヘルニアや変形性腰椎症、膝痛など痛みとなってあらわれることも御座いますので、お早めに杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院で治療を始めましょう。痛気持ちの良い感覚をぜひ感じてください。

ストレッチや体操も効果的です

杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院では、日常的におこなっていただけるストレッチや体操などのご指導もおこなっております。ストレッチを行うことで、より治療効果を長く持続させることができ、動きやすいお体を手に入れることができます。再発防止のためにも非常に効果的です。
お気軽にご相談ください。

坐骨神経痛

坐骨神経痛でのしびれにお困りの方はぜひたんぽぽ整骨院へご相談ください!

特に、まだ診断はされていなくて、でもお尻や下肢にしびれを感じている方!お早めに治療を進めていき改善すれば必ずよくなっていきます。違和感や痛みを感じたらすぐに行動することが完治への近道です!

 

部位別

しびれの症状としては腕や腰、肩甲骨周り、腰からお尻、太ももにかけてなど、様々な症例があります。

背骨には神経が走っています。その神経を周りの筋肉が圧迫してしまいしびれが出てきてしまうんです。

実際、しびれは腕だけど、根本的な要因は首肩周りのコリ感なのです。

普段からお辛い症状を放置し続けてしまえば、しびれが出てきてしまうことがあるということです。

症状の改善には

しびれの症状改善には、神経の圧迫をしているポイントをしっかり治療することが一番です。
具体的には、多裂筋という背骨の際の筋肉の緊張をほぐすことが最善になります。
通常のマッサージでは取り切れない多裂筋をしっかり治療していきましょう。

抹消のしびれの原因は

手足の抹消のしびれの根本には背骨から出ている神経の根本が圧迫されてしまっていることが大きく関わっていることがあります。
を支配している神経は首の背骨のところから出てきている神経が影響を受けてしまっていることでしびれが出てしまう、
足の症状は脚の支配している腰から出ている神経が圧迫されてしまっているケースが多くみられます。
しっかり神経の根本を圧迫してしまっている筋肉を治療していくことで必ず改善していきます。
お気軽にご相談ください。

手や指先のしびれ

みなさんは「手根管症候群」という言葉を耳にしたことはありますか?
手根管症候群は手を良く使う人や閉経後の女性、透析患者に起こりやすいと言われています。
代表的な症状は「指先のしびれ」です。
明け方に痛みやしびれが強くなったり、手を振ると痛みが軽くなるなどの特徴があります。
そして、痛みやしびれなどの異常が出る場所が「親指」「人差し指」「中指」「薬指の中指側」であり、親指の付け根(母指球)が痩せるという特有の症状があります。

なぜこのような症状が出るのでしょうか?
それは、圧迫を受けている神経が関わっています。
手根管とは手首にあるトンネルのようなもので、その中を「正中神経」が通っています。
その神経が手をよく使うことで圧迫を受けたり、透析を行っている方の場合は「アミロイド」という物質の沈着により神経が圧迫され症状が出ます。その「正中神経」が支配している領域が、先程述べた親指から薬指の中指側半分、母指球の部分になるのです。

この手根管症候群は、症状が進むと親指と人差し指で物をつまむ動作が出来なくことがあります。日常生活でのボタンかけや手芸など細かい作業に支障をきたす事があります。少しでもおかしいなと感じた場合には一度ご相談ください。

痺れの種類

「しびれ」の感じ方は人それぞれです。
正座の後のジーンとするものや、ぴりぴり/びりびり、じんじん、さわさわ/ぞわぞわなど、表現しにくいものが多くあります。そんな痺れですが、大きく分けて3つに分類することが出来ると言われています。

1、 感覚低下、麻痺
  文字どおり痛みや冷たい感覚、触った感覚が鈍くなったり、全く感じなくなったりすることです。
2、 運動麻痺、筋力低下、脱力
  筋肉の力が弱くなったり、全く力が入らなくなったり、うごかせなくなったりすることです。
3、 異常感覚
  感覚が鈍くなっり、感じなくなったりという事ではなく、安静にしていても手や足にジリジリやチクチクと
  普通ではない感覚が出現することで、安静にしている時だけでなく、動いた時に起ることもあれば、皮膚を
  触ったり叩かれたりした時に出現することもあります。

痺れは上記に記したうちのどれか一つに当てはまる場合や、いくつか、またすべてが当てはまる場合もあります。
これはどの神経に問題が発生しているかによってしびれが出る場所であったり出方に違いがあることを意味しています。
皆さんが使っている「痺れ」という言葉は言葉としては同じだけれども、その中身にはいくつか種類、違いがあるんだよという事を覚えて頂ければなと思います。もし、しびれを感じて病院や接骨院に行かれる時は具体的にどんな痺れなのか伝えることでより的確な治療を行ってもらうことが出来ます。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後