TEL

腰痛がたんぽぽ整骨院で改善するって本当? | 荻窪で口コミで評判|荻窪たんぽぽ整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛の記事一覧

腰痛がたんぽぽ整骨院で改善するって本当?

2017.08.02 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
今週はたんぽぽ整骨院16周年大感謝祭イベントを行っております。
これからも皆様と一緒に痛みのない喜びを共有できるように誠心誠意、施術させていただきます。
よろしくお願い致します。

本日は腰痛についてお話させていただきます。
腰には姿勢を支える、首の付け根から骨盤にかけての長い筋肉があります。
普段の生活の中でもどうしても負担をかけやすい部分ですので、腰痛に苦しんでいる方は多く見られます。
腰痛の主な原因は筋肉です。

原因は筋肉とお伝えしましたが、では、どうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させていただきます。
結論から申しますと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉は捻挫や肉離れ、むち打ちのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れえてしまう悪くなりかたもあれば、今までかかってきた筋肉はの負担の積み重ねで悪くなってしまうケースがあります。
細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状が出ることはなくなるんですね!

身体が悪い人に言えることは、仕事やスポーツ、日常生活動作で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、お体に小さいけれど、新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくと、そこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て、最終的には、治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉に悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出るので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血液が遮断され、シコリができるのです。

それを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状の原因になってしまいます。
それを筋痛症候群といいまして、小さな傷が積み重なったもので、慢性的な下地のようなものを作ってしまうのです。

私たちが行っているインナーマッスルセラピーは全国で3%しか行われていない深層筋施術です。
痛みの原因である筋硬結を取り除くことを目的に行っております。
筋肉の緊張や、むくみは比較的早く良くなります。
しかし、原因である筋硬結を取り除かい限りは筋肉の緊張や浮腫は何回も何回ももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことで根本施術になり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

ぜひ痛みを我慢せずに当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院スタッフ一同心よりお待ちしております。

長い間悩まされている腰痛もたんぽぽ整骨院で改善するって本当?

2017.07.28 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
おかげ様でたんぽぽ整骨院は今年で16周年を迎えることが出来ました。
これからも皆様に寄り添い、痛みがなくなる喜びを共有できるよう誠心誠意施術させていただきます。
今後ともよろしくお願い致します。

本日は腰痛についてお話させていただきます。

腰痛は日本人の多くの方を苦しめている症状の一つです。
腰痛が起こってしまうきっかけはたくさんあります。
例えば
・長時間の同じような姿勢の維持
・重たい荷物を持ち上げた
・スポーツなどの激しい運動
等たくさんありますが腰の痛みの原因は筋肉です。

原因は筋肉とお伝えしましたが、だは、どうして筋肉が悪くなってしまうかをご説明させていただきます。
結論からいうと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉は肉離れや捻挫のように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチときれてしまう悪くなりかたもあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねによって悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人に言えることは仕事やスポーツ、日常生活動作で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て、最終的にはちゆ・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出て来てしまうますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。

そうなると、筋丹生kへの血流が遮断されシコリが出来るのです。

それを筋硬結と言います。
そのしこりが悪さをして痛みや不快な症状をだすのです。
それを筋痛症候群といい、小さな傷が積み重なったもので、慢性的な下地のようなものになるんです。

私たちが行っているインナーマッスルセラピーは全国で3パーセントしか行われていない深層筋施術を行っております。
筋肉の緊張や筋肉が緊張して血管を圧迫してしまうことで起こってしまうむくみは比較的早く良くなります。
しかし痛みの原因である筋硬結を取り除かない限り筋肉の緊張やむくみは何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

ぜひ当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院スタッフ一同心よりお待ちしております。

しぶとい腰痛がたんぽぽ整骨院で改善するって本当?

2017.07.26 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させていただきます。

腰痛は肩こりと並んで多くの方を悩ませている症状です。
腰の痛みの原因は筋肉なんです。筋肉が痛みをだしているのです。

では、どうして筋肉が悪くなってしまうのかをこれからご説明させていただきます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉は捻挫や肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までの筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースとがあります。

細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作でい合智場所をかばってしまっているかたがほとんどで、お身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくと、そこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。
ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によって、かばいが出るので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると筋肉への血流が遮断され、シコリができるのです。

それを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして、痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群と言いまして、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉にシコリというのは3層構造になっております。
一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いからその痛みが起こりにくいように緊張させている体の状態のことを言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみのことです。
筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えるためにスパズムが出てくると筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

スパズムや筋浮腫は生理学的な反応といいましてこれ自体が悪い状態が悪い状態ではありません。
身体が痛みとか悪い状態を抑えようとして出ているものなんです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。この結合組織が痛みを出している原因なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

結合組織、つまり筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結えお取りの軸ことが根本施術であり、根本施術することで再発し無くなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

腰痛がたんぽぽ整骨院で改善するって本当?

2017.07.21 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させていただきます。

腰痛はたくさんの方が悩まされる症状の一つです。
重たい荷物を持ち上げた時や、長時間同じ姿勢の維持など原因はたくさんあります。

しかし、腰痛の痛みの原因の多くは筋肉なのです。
では、どうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明いたします。

結論から言うと筋肉についた傷が治りきっていないからなんです。

筋肉は捻挫やギックリ腰、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかりブチブチと切れてしまう悪くなり方と、今まで筋肉にかかってきた筋肉への負担の積み重ねによって悪くなってしまうケースがあります。

筋肉に小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作などで身体をかばってしまっている方がほとんどでお身体
に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。
筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが抱てきてしまうので炎症反応が途中でとまってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、シコリができるのです。

それを私たちは筋硬結と呼んでいます。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状をだすのです。
それを筋痛症候群といい、小さな傷が積み重なったもので、慢性的な下地のようになるんですね。

私たちが行っているインナーマッスルセラピーは全国で3%しか行われていない深層筋施術です。
インナーマッスルセラピーは、人間の自然治癒力を活かすような刺激をいれて、血液循環を良くし、痛みの一時的な変化ではなく、身体に出てきてしまっている症状の原因そのものを変化させていく、生理学的に変化させていく施術なんです。

筋肉の表面の緊張や、筋肉が硬くなることによって起きるむくみは比較的早く良くなります。
筋肉の緊張やむくみは生理学的な反応といいましてこれ自体が悪い状態ではありません。
身体が痛みとか悪い状態を抑えようとして出ているものなのです。

筋肉の深い層にある筋硬結は先ほどもお話させていただきましたように痛みや不快な症状の原因なのです。
筋硬結がある状態を病態生理学的な状態といいまして、いわゆる病気なのです。
筋硬結をとっていかない限りは筋肉の緊張やむくみを何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術することで再発し無くなります。

是非、当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院スタッフ一同お待ちしております。

腰痛がたんぽぽ整骨院で改善するって本当?

2017.07.14 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させていただきます。

腰痛は肩こりと並んで日本人の多くの方を悩ませている症状の一つです。
腰痛の原因は
・長時間同じ姿勢を維持してしまった
・重たい荷物を持ち上げたとき
・スポーツなどの激しい運動
などたくさんあります。

ただ、腰痛の痛みの原因は筋肉です。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉は、肉離れや捻挫などのように、筋肉に耐えられない負担がかかり、ブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出てくることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、お身体に小さいけれど新しい傷を作りつづけてしまっているのです。

筋肉に傷がつくと、そこに炎症が起こります。炎症と言うのは、段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいがでてきてしまいますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

筋肉のシコリは3層構造になっています。
一番表面にスパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いからその痛みが出にくいように緊張させている身体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみのことです。
筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えるために筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。
そうしてむくみになるんです。

3層目は、結合組織と言います。要はこれが筋硬結なのです。
この結合組織が、痛みを出している原因なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言いましていわゆる病気なのです。

結合組織、つまり筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

私たちが行っているインナーマッスルセラピーは全国で3%しか行われていない深層筋施術です。
人間の自然治癒力を活かすような刺激を入れて、血液循環を良くし、痛みの一時的な変化ではなく、身体に出てしまっている症状の原因そのものを変化させていく、生理学的に身体を変化させていく根本施術です。

是非、当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。

腰痛がたんぽぽ整骨院で改善するって本当?

2017.07.07 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させていただきます。

腰痛はたくさんの方がお悩みの症状の一つです。
腰は身体の中心にあり、身体を支えている部分ですので、どうしても負担がかかってしまいます。

腰痛の多くの原因は筋肉です。
結論からいうと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉は肉離れや捻挫のように、筋肉に耐えられない負担がかかり、ぶちぶちと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、お体にちいさけれど新しい傷を作りつづけてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。炎症というのは、段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によって、かばいが出るので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、しこりができるのです。

筋肉のシコリというのは3層構造になっています。
一番表面に筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いからその痛みが起こりにくいように緊張させている身体の状態をいいます。

その次の層には筋浮腫があります。これはむくみのことです。
筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
異端にを抑えるために筋肉が緊張すると、筋肉が静脈を圧迫してしまい、血管が交通渋滞のような状態になってしまいむくみが起こってしまうのです。

3層目は結合組織と言います。要はこれが筋硬結です。
この結合組織が痛みを出している原因なのです。
この結合組織の除隊を病態生理学的な状態と言って、いっわゆる病気なのです。

結合組織、つまり筋硬結を取っていかない限りは、周防アズムや浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術をすることで再発しなくなります。

私たちが行っているインナーマッスルセラピーは全国で3パーセントしか行われていない深層筋施術と言って、
筋硬結を取り除くこと目的とした根本施術です。

痛みを我慢せずに、ぜひ当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院スタッフ一同心よりお待ちしております。

腰痛の原因は筋肉ってご存知ですか?

2017.07.04 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させていただきます。

いきなりですが、腰痛でお悩みの方多いのではないでしょうか?
腰痛は様々なことが原因で起こります。
例えば
・重たい荷物を持ち上げたとき
・長時間同じ姿勢を維持していた時
・中腰姿勢をしていることが日常生活の中で多い
・スポーツなどの激しい運動
などがあげられます。

多くの腰痛の原因は筋肉です。

結論から言うと、傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。
筋肉は、肉離れや捻挫のように、筋肉に耐えられない負担ががかかり、ブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、
今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋育に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋育に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状がでることはなくなるんですね。
身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作で痛い部分をかばってしまっている方がほとんどで、
身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくと、底に炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばおいが出るので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断されシコリができるのです。

筋肉のシコリは3層構造になっています。
一番表面の層にあるのが筋スパズムという筋肉の緊張です。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いからその痛みが起こりにくいように緊張させている体の状態のことを言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみのことです。
筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
筋肉が緊張してしまうことで静脈を圧迫してしまうのです。
こうしてむくみが起こります。

3層目、つまり一番深い層にありますのが結合組織です。これが筋硬結です。
この結合組織が、痛みを出している原因なのです。
結合組織、つまり筋硬結を取っていかない限りはスパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術をすることで再発しなくなります。

当院で行っているインナーマッスルセラピーは全国で3%しか行われていない深層筋施術です。

痛みを我慢せず、是非当院のインナーマッスルセラピーをお試し下さい。

腰痛がたんぽぽ整骨院の治療で改善するって本当?

2017.07.01 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日腰痛についてお話させていただきます。

腰痛は肩こりと並んで日本人の多くの方が悩まされる症状です。
腰痛の原因は
・長時間の同じ姿勢の維持
・重たいものを持ち上げた
・スポーツなどの激しい運動
などたくさんの原因が考えられます。

しかし、痛みの原因のほとんどが筋肉です。

では、どうして筋肉が痛みをだすのかをご説明いたします。
結論から言うと。傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋行くは肉離れや捻挫のように、筋行くに耐えられない負担がかかり、ブチブチと切れてしまう悪く鳴り方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。
筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋行くに傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれ辛い症状が出ることはないのですね。

身体が悪い人に言えることは、仕事やスポーツ、日常生活動作でィアチ場所をかばってしまっている方がほとんどで、お体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋行くに傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症反応のゴールとなります。
ただ、筋行くが悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出るので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、シコリができるのです。

筋行くのシコリというのは3層構造でできています。
一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いからその痛みが起こりにくいように緊張させている身体の状態のことを言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみのことです。
筋行くの中には静脈がたくさんあります。
痛みを抑えるためにスパズムが出てくると、筋行くが静脈を圧迫してしまいます。
そうしてむくみになっていくのです。

3層目には結合組織があります。
要はこれが筋硬結なのです。この結合組織が痛みを出している原因なのです。

結合組織、つまり筋硬結を取っていかない限りはスパズムや筋浮腫を取り除いてももとにもどってしまうのです。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術することで再発しなくなります。

わちしたちが行っているインナーマッスルセラピーは全国で3パーセントしか行われていない深層筋施術です。
筋硬結を取り除くとこを目的とした根本施術です。
ぜひ当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。

皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

この季節に気になる首・肩・腰のご症状に!

2015.11.28 | Category: 肩こり,腰痛

みなさんいつもたんぽぽ整骨院をご利用くださり、ありがとうございます!!
本日は快晴となりましたね!!!
最近は寒くてこごえそうでした・・・。
今年の冬は暖かくなると聞きますが、どうなるのでしょう笑
いまのところ寒くなりそうな予感しか致しません(。_ 。;)

さてこの寒い季節になると気になってきます、「冷え・むくみ・コリ」。
これらすべて筋肉が原因となることがあります。
寒くなってくると、防御反応によって筋肉がぎゅっと収縮します。
すると一緒に血管を圧迫してしまいます。
それによって上のような症状が出てきてしまうのです。

筋肉の緊張をやわらげリラックスしてあげることにより、血液の循環をよく保ちましょう!!!
またお風呂にゆっくりつかっていただくのも効果的です♪

ロコモティブシンドロームって??~一生歩ける身体作り~

2015.11.26 | Category: 腰痛


「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」という概念は、
2007(平成19)年に日本整形外科学会が提唱したものだということをご存知ですか?

高齢の方について、介護が必要となる原因を調べた統計によると、
関節の疾患や転倒・骨折を合わせると、なんと全体の約2割を占めています。

この関節、筋肉などの障害から介護が必要となったり、寝たきりになったりする危険性が高いことを
「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」と名づけ、「ロコモ」の略称で、
この問題について広く知ってもらおうと提唱したものです。

いま、日本人のからだに起きていること、日本社会が直面しているこの問題に多くの方が気づき、
前向きに取り組んでほしいという願いがロコモの名前に込められています。

厚生労働省が調べた国民生活調査では、このようなデータが出ました。
要介護になる原因の中で上位に上がるのが脳血管障害ですが
続く3位に入るのが『高齢による衰弱』でした。
衰弱の中で1番の要因は『腰痛による骨格筋機能の低下』です。
aruku
筋肉の負傷で生じる痛みや不快な症状を早期発見し、今のうちからロコモ対策をしていきましょう。
筋肉の機能向上と循環改善が可能な当院ならではの価値を提供いたします!!