TEL

長期間の腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せください! | 荻窪で口コミで評判|荻窪たんぽぽ整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛の記事一覧

長期間の腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せください!

2017.09.30 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させて頂きます。

腰痛が起こるきっかけは様々です。例えば
・長時間の同じ姿勢の維持
・重たい荷物を持ち上げたとき
・スポーツなどの激しい運動

等たくさんありますが、痛みの原因は筋肉なのです。

原因は筋肉とお伝えさせていただきましたが、ではどうして筋肉が悪くなるのかをお話させていただきます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかるとこでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなってしまうケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人に言えることは、仕事やスポーツ、日常生活動作で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、お体に地裁けれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出るので、炎症反応が途中で止まってしまい筋肉への血流が遮断されしこりが出来るのです。

それを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので、慢性的な下地のようなものになります。

筋肉のシコリは3層構造になります。
一番表面に筋スパズムと言う筋肉の緊張があります。
この筋スパズムと言うのは、悪い部分が痛いからその痛みが起こりにくいようにしている身体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
筋肉が緊張してしまうと静脈を圧迫してしまいます。
そうしてむくんでしまうのです。

スパズムやむくみは生理学的な反応と言いましてこれ自体が悪い反応ではないんです。
身体が痛みとか悪い状態を抑えようとして出ている反応なのです。

3層目は結合組織です。
要はこれが筋硬結なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な反応と言いましていわゆる病気なのです。

結合組織、つまり筋硬結を取り除って行かない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回も元に戻ってしまいます。
筋硬結を取りきることが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆さまのご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

長年の腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せください!

2017.09.18 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させていただきます。

腰痛は日本人のたくさんの人が悩んでいる症状の一つです。
腰痛のきっかけはたくさんあります。
例えば、
・重たい荷物を持ち上げた時
・スポーツなどの激しい運動
・長時間の同じ姿勢の維持
などたくさんあります。

腰痛の痛みの原因は筋肉であることがほとんどです。

痛みの原因は筋肉です、とお伝えしましたが、では、どうして筋肉が悪くなるのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉捻挫や肉離れ、むち打ちなどのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症と言うのは、段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出てしまいますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

そのシコリを筋硬結と言います。
筋硬結が悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群と言いまして、小さな傷が積み重なったもので、慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリというのは3層構造になっています。

一番表面にあるのが筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、痛い部分が痛いからその痛みが起こりにくいように緊張させている身体の状態のことを言います。

そに次の層に筋浮腫があります。これはむくみのことです。
筋肉の中には静脈がたくさんあります。
痛みを抑えるためにスパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

そうしてむくみが出てしまうんです。

スパズムや筋浮腫は生理学的な反応と言いまして、これ自体が悪い状態ではありません。
身体が痛みとか悪い状態を抑えようとしている物なのです。

3層目は結合組織と言います。
ようは、これが筋硬結なのです。この結合組織が、痛みを出している原因なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言いまして、いわゆる病気なのです。

結合組織、つまり筋硬結を取っていかない限りはスパズムや筋浮腫を何回も何回も取っても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

長年の腰痛もたんぽぽ整骨院で改善するって本当?

2017.09.02 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させて頂きます。

腰痛は肩こりと並んで、日本人の奥の方がお悩みの症状です。
腰痛のきっかけはたくさんあります。
例えば、
・長時間の同じ姿勢の維持
・重たい荷物を持ち上げたとき
・スポーツなどの激しい運動
などたくさんあります。

しかし、痛みを出しているほとんどの原因は筋肉なのです。

原因は筋肉とお伝えしましたが、では、どうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫や肉離れのように筋育にたえられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなってしまうケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こるのです。
炎症というのは段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によって、かばいが出るので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

それを筋硬結と言います。
この筋硬結が痛みや不快な症状を出しているのです。
それを筋痛症候群といい、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

私たちが行っているインナーマッスルセラピーという施術は全国で3%しか行われていない筋硬結を取り除くことを目的とした深層筋施術です。

表面の筋肉の緊張やむくみは比較的早く良くなります。
しかし、痛みや不快な症状の原因である筋硬結を取り除かない限りは、何回も何回も筋肉の緊張やむくみを取ってもすぐに元に戻ってしまいます。
なので筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

私たちが行っているインナーマッスルセラピーとは、人間の自然治癒力を活かすような刺激を入れて、痛みの一時的な変化ではなく、お身体に出てしまっている症状の原因そのものに生理学的な変化を出していく施術法です。

是非たんぽぽ整骨院もインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

肩こり腰痛たんぽぽ整骨院お任せください!

2017.09.01 | Category: 肩こり,腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は肩こり・腰痛についてお話させて頂きます。

肩こりはと腰痛は日本人の多くの方が悩まされる症状です。
痛みが出るきっかけはたくさんあります。
例えば
・長時間の同じ姿勢の維持
・重たい荷物を持ち上げたとき
・スポーツなどの激しい運動
など様々ですが、痛みを出している原因は筋肉であることがほとんどです。

原因は筋肉ですとお伝えしましたが、では、どうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には肉離れや捻挫、むち打ちなどのように筋肉に耐えられない負担がかかることで筋肉がブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなってしまうケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、前ありの筋肉によってかばいが出てきてしまいますので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

それを筋硬結と言います。
このシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すんです。
それを筋痛症候群といい、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。

一番表面にスパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというの悪い部分が痛いから、その痛みを出さないように緊張させている状態のことを言います。

次の層にあるのが筋浮腫というものがあります。これはむくみの事です。
筋肉の中にはたくさんの静脈があります。

痛みを抑えるためにスパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。
そうして筋肉のむくみが起きるのです。

スパズムや筋浮腫というのは生理学的な反応と言いまして、、身体が痛みとか悪い状態を抑えようとして出ているものなので、この反応自体が悪いものではありません。

3層目は結合組織と言います。
要は、これが筋硬結なのです。この結合組織の状態を病態生理学的な状態といい、いわゆる病気なのです。

結合組織、つまり筋硬結を取っていかない限りはスパズムやむくみを何回も何回っもとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

是非、たんぽぽ整骨院の施術をお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

しぶとい腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せください!

2017.08.30 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます!
本日は腰痛についてお話させていただきます。

腰痛は日本人の多くの方が悩まされている症状の一つです。
腰痛になるきっかけはたくさんあります。
例えば、
・同じ姿勢を長時間維持してしまった。
・重たい荷物を持ち上げた
・スポーツなどの激しい運動
など様々です。
しかし、痛みを出しているほとんどの原因は筋肉なのです。

原因は筋肉ですとお伝えしましたが、では、どうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫や肉離れ、むち打ちなどのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねでわるくなってしまうケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷が付いてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作でい合智ばあしょをかばってしまっている方がほとんどで、お身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治った・治癒というのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出ますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

それを筋硬結と言います。この筋硬結と呼ばれるシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群といい、小さな傷が積み重なったもので、慢性的ない下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリというのは3層構造になっています。

一番表面にあるのが筋スパズムという筋肉の緊張です。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛いから、その痛みが出ないように緊張させているお身体の状態の事を言います。

そに次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみの事です。
筋肉の中にはたくさんの静脈なあります。
筋肉は緊張してしまうと筋肉が静脈を圧迫してしまうのでむくんでしまいます。

筋スパズムや筋浮腫は生理学的な反応といいまして、これ自体が悪い状態ではありません。
身体が痛みや不快な症状を抑えようとして出ている物なんです。

3層目にあるのが結合組織というものです。
要はこれが筋硬結なのです。
この結合組織の状態は病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

結合組織、つまり筋硬結を取っていかない限りはスパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術になります。

是非当院の施術をお試しください!
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

ギックリ腰もたんぽぽ整骨院にお任せください!

2017.08.29 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます!
本日はギックリ腰についてお話させていただきます!

一言でいうとギックリ腰の原因は筋肉です。
ギックリ腰は筋肉に耐えられない負担がかかることで起きる場合もあれば、その負担がかかる前から腰の筋肉が悪くて、最後のとどめのように負担がかかりギックリ腰になってしまう場合があります。

原因は筋肉ですとお伝えしましたが、では、どうして筋肉が悪くなってしまうのかをお話させていただきます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないのです。

筋肉には捻挫や肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、お身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉に傷が悪いと、周りの筋肉によってかばいが出るので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状をだすのです。
それを筋痛症候群と言い、慢性的な下地のようなものになってしまうのです。

筋肉のシコリは3層構造になっています。

一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いからその痛みが出ないように緊張させている体の状態の事を言います。

この次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみの事です。
筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
表面の筋肉が緊張することで筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

筋肉の緊張と筋浮腫は、生理学的な反応と言い、自分の身体を守るために出るためにでる反応なので、この反応自体が悪い反応ではありません。

3層目には結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この結合組織が痛みを出している原因なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態といいましていわゆる、病気なのです。

結合組織、つまり筋硬結を撮っていかない限りは何回も何回も筋肉の緊張や筋浮腫を取っても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術をすることで再発しなくなります。

是非たんぽぽ整骨院の施術をお試しください!
みなさまのご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

長い間お悩みの腰痛もたんぽぽ整骨院で改善するって本当?

2017.08.15 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話しさせていただきます。

腰痛は日本人の多くの方が苦しめられている症状の一つです。
腰痛の原因はたくさんあります。
例えば
・長時間の同じ姿勢を維持してしまった
・重たい荷物を持ち上げたとき
・スポーツなどの激しい運動
などたくさんあります。

腰の痛みの原因は筋肉なのです。

原因は筋肉とお伝えしましたが、ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをお話させていただきます。
結論かろ言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉は捻挫や肉離れ、むち打ちなどのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなってしまうケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出てきてしまいますので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、シコリが出来ます。

それを筋硬結と言います。
このシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群といい、小さな傷が積み重なったもので、慢性的な下地のようなものになるんです。

このシコリは、くすぶり炎といい、循環が悪くなってしまっていて治る過程が正常に進まなくなってしまっている
状態状態です。
要するに、循環が悪くなっている部分の循環を良くしていけば、炎症が進み治っていくんです。

私たちが行っているインナーマッスルセラピー、深層筋施術は、人間の自然治癒力を高めるような刺激を入れることで、血液循環を良くし、痛みの一時的な変化ではなく、身体に出来てしまっている症状の原因そのものを変化させていく、生理学的に身体を変化させていく施術なんですね。

是非たんぽぽ整骨院名物のインナーマッスルセラピーをお試しください。
お気軽のご連絡ください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

ヘルニアの痛みもたんぽぽ整骨院で改善するって本当?

2017.08.12 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日はヘルニアについてお話させていただきます。

まずヘルニアとは、腰の神経が圧迫されてしまうことで痛みや足の方へしびれが出てきた利してしまう状態のことを言います。
ヘルニアの施術方法は痛み止めの注射や手術が一般的です。

しかし、たんぽぽ整骨院でも痛みを軽減、改善させることはできます。
簡単にご説明いたしますと筋肉が硬くなって神経を圧迫してしまっているケースもあるため私たちの筋肉施術によって改善するのです。

では、どうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させていただきます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉は肉離れや捻挫のように筋肉に耐えられないくらいの負担がかかることでブチブチと切れてしまうわるくなりかたもあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなってしまうケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出てくることはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症とは、段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出ますので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうして筋肉への血流が遮断されてシコリが出来てしまうのです。

そのシコリを筋硬結と言います。このシコリが悪さをして痛みや不快な症状の原因になるのです。
これを筋痛症候群と言いまして慢性的な下地のようなものになってしまうのです。

筋肉はそういったメカニズムで悪くなっていきます。
では、我々がどのような施術を行っているかと言いますと、深層筋施術、インナーマッスルセラピーというものをしています。

先程お話させていただいた筋肉のシコリはくすぶり炎といい、循環が悪くなってしまっている状態です。
要するに、循環の悪くなっている部分の循環を良くしていけば炎症が進み治っていくのです。
循環が改善しない為にその悪い筋肉をかばって、隣の筋肉が悪くなってしまったり悪循環が起こってしまうのです。

ですので、しっかりと今出てしまっている痛みを取っていくことがお身体全体にとって良いことなのです。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

長期間の腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せください!

2017.08.08 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させていただきます。

腰痛のきっかけは様々です。
例えば、
・長時間同じ姿勢を維持してしまう
・重たい荷物を持ち上げた
・スポーツなどの激しい運動
など様々です。

しかし腰痛の痛みを出している原因は筋肉なのです。

原因は筋肉とお伝えしましたが、では、どうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させていただきます。
結論から申しますと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉は捻挫や肉離れのようにブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今まで筋肉にかかってきた負担の積み重ねで悪くなるなり方があります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作で痛い場所をかばってしまている方がほとんどで、お身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出てきてしまいますので、炎症反応が途中で止まってしまうのです。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、しこりができるのです。

それを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群と言い、小さな傷が積み重なったもので、慢性的な下地のようなものになってしまうのです。

筋肉はそのようなメカニズムで悪くなっていきます。
では、我々がどのような施術を行っているかと言いますと。深層筋施術、インナーマッスルセラピーというものをしています。

先程お話しさせていただきました筋肉のシコリはくすぶり炎といい、循環が悪くなってしまい、治る過程が正常に進まなくなっている状態です。
要するに、循環が悪くなっている部分の循環をよくしていけば炎症が進み治っていくんです。

私たちが行っているインナーマッスルセラピーは、人間の自然治癒力を活かすような刺激を入れることで、血液循環を良くし、痛みの一時的な変化ではなく、身体に出てきてしまっている症状の原因そのものを変化させていく、生理学的に身体を変化させていく施術なんです。

インナーマッスルセラピーが根本施術であり、根本施術することで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。

皆さ真のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

長い腰痛もたんぽぽ整骨院で改善します!

2017.08.06 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させていただきます。

腰痛でお悩みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
腰痛の原因は様々です。
具体例といたしましては、
・長い時間同じ姿勢の維持
・重たい荷物を持ち上げたとき
・スポーツなどの激しい運動
などたくさんありますが、痛みの原因は筋肉なんです。

原因は筋肉とお伝えさせていただきましたが、ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させていただきます。
結論から申しますと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉は捻挫や肉離れ、むち打ちなどのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなってしまう悪くなり方があります。

細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状が出ることはなくなるんです。

お身体が悪い人にいえることは、津仕事やスポーツ、日常生活動作で痛い場所をかばってしまう方がほとんどで、お身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいがでるので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

それを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群といい、小さな傷が積み重なったもので、慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉の表面にある緊張や、筋肉が緊張して血管を圧迫してしまうことで起こる筋肉のむくみは比較的早く良くなります。
しかし、先ほどもお伝えしましたように痛みの原因は筋硬結なんです。
なので何度も何度も筋肉の緊張やむくみを良くしても筋硬結を取り除かない限りは元にもどってしまうのです。

筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

私たちが行っている施術はご本人様の自然治癒力を活かすような刺激を入れていきます。
一時的に痛みを良くするという変化ではなく、お身体根本的な治癒力を促す変化を出していきます。
その為インナーマッスルセラピーが根本施術なんです。

是非、たんぽぽ整骨院のインナーマッスルセラピーをお試しください。

皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております!