TEL

長年お困りの腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せください! | 杉並区・荻窪・西荻窪駅 荻窪たんぽぽ整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛の記事一覧

長年お困りの腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せください!

2018.04.07 | Category: 腰痛

いつもありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させて頂きます。

腰痛と一言で言っても原因は様々です。
例えば
・長時間の同じ姿勢の維持
・重たい荷物を持ち上げたとき
などたくさんあります。

お身体には神経や靭帯、骨などたくさんありますが痛みを出している原因は筋肉であることがほとんどです。
ではどうして筋肉が悪くなってしまう野かをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉の細かい小さな断裂のようなものが積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくと、そこに炎症反応が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、周りの筋肉によってかばいが出ると炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群といって、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリが3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムというものがあります。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛いから痛みが起こりにくいようにしているお身体の状態のことを言います。

次の層には筋浮腫があります。
これは、むくみも事です。

痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が筋肉の中の静脈を圧迫してしまいます。
そうすると血流が滞りむくんでしまいます。

筋スパズムや筋浮腫は生理学的な反応と言ってこれ自体が悪い反応ではありません。
お身体が悪い状態や痛みを抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態といっていわゆる病気なのです。

筋硬結を取り除かない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

是非たんぽぽ整骨院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

慢性的な腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せください。

2018.03.30 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させていただきます。

腰痛の原因はたくさんあります。
例えば、重たい荷物を持ち上げたときや、長時間中腰の姿勢が続いたなどが多いと思いますが、そのようなおおきなきっかけがなくても腰痛になってしまうケースが多く見られます。

筋肉は微細な損傷を受けやすい組織ですので日常生活動作の何気ない動きでも傷ついてしまっているのです。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させていただきます。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのようにっ筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出るので炎症が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
このスパズムというのは、悪い部分が痛いから痛みが起こりにくいようにしているお身体の状態のことを言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が筋肉の中の静脈を圧迫してしまいます。
そうすると循環が悪くなりむくんでしまうのです。

ただ、筋スパズムや筋浮腫は生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。
お身体が悪い状態や痛いを抑えようとしている状態なのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。

筋硬結を取り除かない限りは、筋スパズムや筋浮腫を何回も何回も取り除いても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試し下さい。
皆様のごラインをスタッフ一同心よりお待ちしております。

慢性腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せって本当?

2018.03.11 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させて頂きます。

お身体には骨や靭帯神経などたくさんありますが、痛みえお出している原因は筋肉であることがほとんどです。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させていただきます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかる事でブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症反応が起こります。
炎症というのは段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉に傷がつくと周りの筋肉によってかばいが出ますので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流ふが遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛いから痛みが起こりにくいようにしているお身体の状態の事を言います。

次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が筋育の中にある静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫というのは生理学的な状態と言ってこれ自体が悪い反応ではありません。
お身体が痛みや不快な症状を抑えようとしている反応なのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫というのは何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

是非たんぽぽ整骨院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

妊婦さんも大歓迎のたんぽぽ整骨院です。

2018.03.10 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
たんぽぽ整骨院です。

妊婦さんは大変ですよね。
お腹が大きくなると腰や背中にかかる負担も大きくなりますよね。

安定期に入る前の施術は危険と言われますしお母さんも不安化と思いますので安定期に入った後であれば横向きでしっかりと施術させていただけます。

腰痛と言っても原因はたくさんあります。
ただ、痛みを出しているのは筋肉であることがほとんどです。

ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させていただきます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかる事でブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今まで積み重なってきた筋肉への負担で悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

筋肉に傷がつくとそこに炎症反応が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

筋肉が悪くなると周りの筋肉のよってかばいが出ますので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
このシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いから痛みが起こりにくいようにしているお身体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が筋肉の中の静脈を圧迫してしまうのです。

ただ、筋スパズムや筋浮腫は生理学的な状態と言ってこれ自体が悪いことではありません。
お身体が痛みや不快な症状を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結が痛みや不快な症状の原因なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

長年の腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せください。

2018.02.02 | Category: 腰痛

いつも御来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させて頂きます。

腰痛の原因はたくさんあります。
例えば
・長時間の同じ姿勢の維持
・スポーツなどの激しい運動
・雪かきなどの普段とは違う大きな負担
などたくさんありますが、痛みを出している原因は筋肉であることがほとんどです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースもあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきればついライ症状がでることはなくなります。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には、治癒・治ったというのが最終的に炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出ますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いから、痛みを抑え要としている身体の状態のことを言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみのことです。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫というのは生理学的な状態と言ってこれ自体が悪いことではありません。
身体が痛みとか悪い状態を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。

筋硬結を取り除かない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

ぜひ当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せください!

2018.01.26 | Category: 腰痛

いつも御来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させて頂きます。

腰痛の原因は様々です。
例えば、
・長時間雪かきをして
・重たい荷物を持ち上げたとき
・スポーツなどの激しい運動
などたくさんありますが、痛みを出している原因は筋肉であることがほとんどです。

ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう割るkなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方はほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症と言うのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出ますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なった物で慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面に筋スパズムというものがあります。
この筋スパズムというのは、痛みが起こりにくいようにしている体の状態のことを言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫と言うのは生理学的な状態と言ってこれ自体が悪いことではありません。
身体が痛みとか悪い状態を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

妊婦さん・ママさんのお身体のお辛さも改善できるたんぽぽ整骨院!

2018.01.19 | Category: 肩こり,腰痛

いつも御来院誠にありがとうございます。
本日は妊婦さん、ママさんのお辛さ改善についてお話させて頂きます。

妊娠をされている期間は体調やお身体の変化が激しいですよね。
お腹が大きく重たくなってくると腰のお辛さや肩こりなどが出やすくなりますよね。

小さなお子さんのママさんは家事や子育て、仕事など本当に大変です。

お腹の赤ちゃんに負荷がかからないように横向きで施術を行います。
女性スタッフが在籍しておりますのでお気軽にご相談ください。

腰痛や肩こりの痛みの原因は筋肉であることがほとんどです。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかる事でブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお唐dに小さいけれど当たらぢ位傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出るので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは悪い場所が痛いから、痛みを抑えようとしている体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを押さえようと筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫というのは生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

是非たんぽぽ整骨院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

腰痛でお悩みの皆様!たんぽぽ整骨院にお任せください!

2018.01.17 | Category: 腰痛

いつも御来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させて頂きます。

お身体には骨や靭帯、神経などたくさんありますが、痛みを出している原因は筋肉であることがほとんどです。
原因は筋肉ですとお伝えさせて頂きましたが、ではどうして筋肉が悪くなるのかをご説明させて頂きます。

結論から言うと、傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。
筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉の細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいがでますので筋肉への血流が遮断されシコリが出来ます。

このシコリを筋硬結と言います。
このシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムと言うのは、痛みを抑えようと緊張させているお身体の状態のことを言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫は生理学的な状態と言って、これ自体が悪いことではありません。
身体が痛みとか悪い状態を押さえようとしているのです。

3層目は結合組織といいます。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

ぜひ当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

腰痛はたんぽぽ整骨院にお任せください!

2017.12.01 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させて頂きます。

腰痛は肩こりと並んで、日本人の多くがお悩みの症状です。
身体には骨や神経、靭帯などたくさんありますが、痛みの原因は筋肉であることがほとんどです。

では、どうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと、傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなってしまうケースがあります。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中でかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出ますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

これを筋硬結と言います。
このシコリがわるさをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なった物で慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリというのは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いから痛みが起らないようにしている体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫というのは生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。
身体が痛みとか悪い状態を抑えようとしている反応なのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

腰痛は筋肉からのサイン!早めのケアをしましょう!!

2017.11.23 | Category: 腰痛

いつもご来院誠にありがとうございます!
ここ数日、身体にこたえる寒さの日も少なくなくなってきました。
この時期からさらに筋肉の循環が悪くなり、身体のお辛さを感じる方も増えてきます。

特に腰痛というものは、この時期朝起き上がるときに痛みを感じる!という方もたくさんいらっしゃいます。
腰痛は日本人の多くの方が悩まされている症状の一つです。
腰痛になるトリガーは数多くあり、

・同じ姿勢を長時間行ってしまった
・重たい荷物を持ち上げた
・スポーツなどの激しい運動を行った

などが上げられるかと思います。
しかし、痛みを出しているほとんどは筋肉が原因であるのです。

筋肉が悪くなってしまうメカニズムは、
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫や肉離れ、むち打ちなどのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなってしまうケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷が付いてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状が出ることはなくなります。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作でお辛い場所をかばってしまっている方がほとんどです。それにより、お身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的に治癒されたというのが炎症のゴールになります。

ただ筋肉が悪くなりますと周りの筋肉によってかばいが出ますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

このシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群といい、小さな傷が積み重なったもので、慢性的な下地のようなものになります。

筋肉のシコリというのは3層構造になっています。

一番表面にあるのが筋スパズムという筋肉の緊張です。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛いから、その痛みが出ないように緊張させているお身体の状態の事を言います。

そに次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみの事です。
筋肉の中にはたくさんの静脈なあります。
筋肉は緊張してしまうと筋肉が静脈を圧迫してしまうのでむくんでしまいます。

筋スパズムや筋浮腫は生理学的な反応といいまして、これ自体が悪い状態ではありません。
身体が痛みや不快な症状を抑えようとして出ている物なんです。

3層目にあるのが結合組織というものです。
要はこれがシコリなんですね。
この結合組織の状態は病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

つまりシコリを取っていかない限り、何回も元に戻ってしまいます。
シコリを取り除くことにより、根本的な腰痛改善が見込めます。

★腰痛でお困りの方に朗報!!★
ただいま、初回に限り10分間の無料体験会を実施中です!
ぜひ当院のIMT(インナーマッスルセラピー)をお試しください。

皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。