TEL

四十肩がたんぽぽ整骨院で改善するって本当? | 荻窪で口コミで評判|荻窪たんぽぽ整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 肩こりの記事一覧

四十肩がたんぽぽ整骨院で改善するって本当?

2018.11.30 | Category: 肩こり

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は四十肩についてお話させていただきます。

四十肩・五十肩の主な症状は
・腕が上がらない
・少し動かしただけでズキッと痛む
・痛みで夜も眠れない
・手を後ろに回せない

などがあります。

四十肩・五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」です。するためには、
肩こりとは異なり、痛みだけでなく可動域の制限も起きてしまうのが、この「肩関節周囲炎」の怖いところです。
日常生活で支障が出ないようにするためには、痛み止めなどに頼らず、適切な施術を受けて根本的に改善することが不可欠です。

肩関節周囲炎は先程もお話させていただいたように、動きに制限が出てきてしまいます。
原因は筋肉なんです。
動かしたときに痛みが出始めると、「動かすと痛いから、動かさないようにしよう!」としてしまいます。
そうすることで肩関節の周りの筋肉が硬くなってしまうのですね。

原因は筋肉ですとご説明させていただきましたが、どうして筋肉が悪くなってしまったんかをご説明させていただきます。
結論から言うと、傷ついた筋肉が治りきっていないのです。

筋肉は肉離れや捻挫のように、筋肉に耐えられない負担がかかり、ブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなってしまうケースもあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっているかtがほとんどで、お身体にちいさいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て、最終的には治癒・治ったと言うのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出てしまいますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

それを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群といい、小さな傷が積み重なったもので、慢性的な下地のようなものになるんですね!

なぜそうなってしまうかと言うと、炎症が起こると発痛物質という不快な症状の元となる物質がでてくるからなんです。

私たちが行っているインナーマッスルセラピーは全国で3%しか行われていない深層筋施術です。
痛みを我慢せずに当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。

その辛い肩こり!たんぽぽ整骨院にお任せください!

2018.11.09 | Category: 肩こり

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は肩こりについてお話させていただきます。

肩こりは腰痛に並び、日本人の多くが悩まされる症状のひとつです。
肩こりのきっかけはたくさんあります。
例えば、
・長時間の同じ姿勢の維持
・重たい荷物をいつも同じ側の方で持ってしまう。
・スポーツなどの激しい運動
など様々です。

しかし、痛みを出しているほとんどの原因は筋肉なのです。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させていただきます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には、捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなってしまうケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっていることがほとんどで、小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出てしまいますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、シコリが出来てしまうのです。

それを筋硬結と言います。
この筋硬結が痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群といい、小さな傷が積み重なったもので、慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっています。

一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムと言うのは、悪い部分が痛いから、その痛みが出ないように緊張させている体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。
筋肉の中にはたくさんの静脈があります。表面の筋肉が緊張してしまうことで静脈を圧迫してしまう事で起こります。

筋スパズムや筋浮腫は生理学的な状態と言いまして、これ自体が悪い状態ではありません。
唐d©が痛みや不快な賞状を抑えようとして出ているのです。

3層目は結合組織

頭痛もたんぽぽ整骨院にお任せください。

2018.06.19 | Category: 肩こり

こんにちは。いつもありがとうございます。

たんぽぽ整骨院です。

本日は「頭痛」をテーマにお話いたします。

 

頭痛と言いましても色々な種類の頭痛が存在します。

頭が痛むものが頭痛だからすべて同じではないの?と思われるかもしれませんが実はそうではないのです。まず、大きく分類すると「一次性頭痛」と「二次性頭痛」に分類することが出来ます。

ここでの一次性とは「特定の原因のないもの」を指します。皆さんは普段使っている「頭痛」は一般的にこちらに当てはまります。具体例を挙げますと、「偏頭痛」「緊張性頭痛」「群発頭痛」がこれに当てはまります。一方、二次性とは「原因のあるもの」を指します。こちらは病気などがありそれによって頭痛が引き起こされている者であり、見逃しがあると命にかかわることがあるので注意が必要です。こちらの例には「くも膜下出血」が挙げられます。ハンマーで頭を殴られたかのような激痛が突然起こるのがくも膜下出血の特徴です。これは頭の中のくも膜という膜の下にできた動脈瘤の出血が原因で頭痛が引き起こされるものであり、元々の原因は「動脈瘤の出血」であるため二次性の頭痛になります。

そのためご自身に起こっている頭痛がどの頭痛なのか把握することはとても大切です。いつもと違う痛みや違和感が現れた場合には専門家に調べてもらうのが良いでしょう。

たんぽぽ整骨院では筋肉が原因で起こる頭痛の施術を行っています。

筋肉が原因の頭痛とは「緊張性頭痛」のことを指します。この頭痛は、様々ある頭痛の中でもっとも多いタイプの頭痛です。症状の特徴といたしましては、後頭部を中心とした鈍痛が挙げられます。緊張型頭痛は「ストレス頭痛」とも呼ばれ、精神的・身体的ストレスが原因となる場合があります。たとえば、緊張、不安、うつ、運動不足・うつむき姿勢、あるいは口・顎部の機能異常が、緊張型頭痛の発症に関係します。先程最も多い頭痛であると述べましたが、一般集団における緊張型頭痛の生涯有病率は

緊張型頭痛は「ストレス頭痛」とも呼ばれ、精神的・身体的ストレスが原因となる場合があります。たとえば、緊張、不安、うつ、運動不足・うつむき姿勢、あるいは口・顎部の機能異常が、緊張型頭痛の発症に関係します。先程頭痛の中でもっとも多い頭痛であると述べましたが、一般集団における緊張型頭痛の生涯有病率は30~80%の範囲とされております。日常生活が制限されるほどの影響は低いといえますが、慢性化すると難治で生活支障度も高くなる場合があります。

緊張型頭痛は、精神的な緊張や、頭頸部の器質的な過度の筋緊張という 2 つの要因により起こりうる頭痛です。施術には、筋肉の緊張緩和を目的とした施術とともに、精神的な病態を把握し、施術することが重要となります。たんぽぽ整骨院では「深層筋施術」という筋肉に着目した根本施術を行っています。お辛い症状でお悩みの方は一度体験してみませんか?

 

お辛い頭痛、原因は筋肉かもしれません!

2018.06.01 | Category: 肩こり

こんにちは。
いつもありがとうございます。
たんぽぽ整骨院です。

もうそろそろ梅雨の時期ですね。最近はジメジメとした日が続いたり、
雨の日が多くなったりと天候が不安定なこともしばしばありますね。
そんな時に頭痛に悩まされている方は多いのではないでしょうか。
頭痛を引き起こす原因には様々なものがございますが、中には「筋肉」が原因で
頭痛を引き起こすものもあるのはご存知でしょうか?
「緊張性頭痛」という言葉を耳にしたことはありますか?
この頭痛には「筋肉」が大きく関わっています。
緊張性頭痛は頭痛タイプの全体の90%を占めるものです。
痛み方の特徴としては、頭を締め付けられるように痛みが発生します。
痛みの場所としましては、頭全体や後頭部、首のあたりに痛みが出ることが多いようです。
また、頭痛以外にふわふわとしためまいや肩や首のコリを伴います。
痛みが出た場合に、シャワーを浴びたりストレッチをすることで痛みが軽減されるという特徴もあります。

緊張性頭痛の原因って何ですか?
緊張性頭痛は、身体的ストレスと精神的ストレスがいくつも重なることによって起こると考えられています。
身体的ストレスとは、長時間の悪い姿勢、負担のかかる動作の継続、身体に合わない枕の使用、車の運転やパソコン作業など様々なものがあります。
精神的ストレスとは、家庭や職場での人間関係などのストレスが挙げられます。
いずれにせよ、神経や筋肉の緊張を高め痛みを発生させると考えられています。

そのため毎日のように続く緊張性頭痛には鎮痛剤はあまり効果がございません。
鎮痛剤はあくまでも痛みを抑えるものであって痛みの原因を取り除くものではございません。
また、鎮痛剤を利用しすぎるとお薬による頭痛(薬物乱用頭痛)を引き起こしてしまう場合もあります。
緊張性頭痛の場合には筋肉をほぐし、血行を良くしてあげることが大切です。

緊張型頭痛を予防するためには、心身のストレスを上手に解消することが大切です。
日頃から適度な運動を心がけ、同じ姿勢を長く続けないように心がけましょう。
仕事や勉強で長時間座る場合にはこまめに休憩をとり気分転換をはかりましょう。
ときどき背すじを伸ばしたり首や肩を回すのもいいでしょう。

まずはご自身でこういったケアをして頂くのも良いかと思います。
なかなか症状が治らずお辛い頭痛でお悩みの方、痛みはまだ少ないけれども
症状を長引かせないように早めに痛みの芽を摘みたい方、
そんな方はぜひたんぽぽ整骨院の「深層筋施術」をお試しください。
筋肉の奥にある痛みの原因(筋硬結)を一緒に取り除いていきましょう。

お身体からのSOSを見逃していませんか?

2018.05.20 | Category: 肩こり

こんにちは。いつもお世話になっております。たんぽぽ整骨院です。

皆さんはお身体に違和感を感じたり痛みを感じたことはありませんか?
この違和感や痛みは、お身体からのSOSなのです。
しかし、痛みがあれば「あれ?おかしいな?」と気が付くことも多いと思いますが、ハリ感やコリとなりますとそれを異常な状態とは思えない方、また、その変化になかなか気づくことが出来ない方もいらっしゃいます。さらに、痛みを感じていても「これくらいなら大丈夫!」とそのまま放っておく方もいらっしゃいます。このような方々は要注意です!

私たち人間の脳は学習をします。お身体に起こっている異変(痛みやだるさ、違和感)もはじめは「おかしいな?」と感じていてもそれが長く続くと、不思議なことにその状態が「普通」あって当たり前といった感覚に変わってきてしまうのです。こうなってしまいますと、なかなか施術に行こう!という感覚にはなりにくくなってきてしまいます。その為に更にお身体の状態は悪化し痛みや違和感を長引かせてしまうのです。

もしも、もっと早い段階でお身体からのSOS(痛みや違和感)をきちんと受け取ってお身体のケアを始めていたらどうなると思いますか?皆さんもお分かりかと思いますが、辛い症状の続く期間を短く抑えることができます。更に、お身体に目立った症状がない時にお身体のケアをしっかりと行うとどうなると思いますか?この場合は痛みの出にくいお身体を作ることが出来ます。つまり、早め早めの行動がとても大切になってくるのです。

たんぽぽ整骨院には、慢性的なお身体の辛さを抱えていてどうにかしたいと施術に通われている方、何かをしている際にお身体を痛めてしまった、怪我をしてしまった方、未来も元気に生活する為に日々お身体のケアをされている方、様々な思いをお持ちの患者様がたくさんご来院されています。私たちスタッフは患者様おひとりおひとりのニーズや思いを受けて患者様の健康なお身体づくりのお手伝いをさせて頂いております。

たんぽぽ整骨院には、ここ荻窪の皆様を健康に!杉並の皆様を健康に!東京の皆様を健康に!日本の皆様を健康に!世界中の皆様を健康にしたい!というスタッフが集まっております。お辛い身体の症状を筋肉施術・鍼施術で改善していきませんか?たんぽぽ整骨院はご予約優先でご案内させて頂いております。その為、待ち時間もほとんどございません。ご都合の良い日にご予約を頂いて施術を行っております。何か分からない気になること等がございましたら、お気軽にお電話ください。皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

いつも感じている肩こり、たんぽぽ整骨院で改善できるって本当?

2018.05.16 | Category: 肩こり

いつも御来院誠にありがとうございます。
本日は長年の肩こりについてお話させていただきます。

肩こりの原因は様々です。
例えば・・・
・重たい鞄を持っていた時
・お子様を抱っこした姿勢を長時間維持していたため
・スポーツなどの激しい運動
等が挙げられます。

お身体には、骨や神経、靭帯などたくさんありますが、痛みを出している原因は筋肉であることがほとんどです。
ではどうして筋肉が悪くなるのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかる事でブチブチと切れてしまうような悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっているのです。
小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉に傷がつくと周りの筋肉によってかばいが出てしまいますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いから痛みが起らないように緊張させているお身体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると、筋肉が筋肉の中の静脈を圧迫してしまいます。
すると循環が悪くなりむくんでしまうのです。
筋肉が悪いと首や肩、腰などいろんな所がむくみます。

筋スパズムや筋浮腫というのは生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。
お身体が痛みや不快な症状を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結が痛みや不快な症状を出している原因なのです。

筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。
この筋硬結を取り除かない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術になりますし、根本施術を行うことで再発しなくなります。

是非一度、たんぽぽ整骨院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

長年の辛い肩こりもたんぽぽ整骨院にお任せください!

2018.03.11 | Category: 肩こり

いつもご来院誠にありがとうございます。

本日は慢性的な肩こりについてお話させていただきます。

まず肩こりというのは原因に心当たりがないものがほとんどです。
毎日の負担の積み重ねで悪くなり、痛みが出るケースがほとんどです。

お身体には骨や靭帯、神経などたくさんありますが痛みを出している原因は筋肉がであることがほとんどです。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させていただきます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースああります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がつくのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症反応が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのは炎症のゴールになります。

ただ、周りの筋肉によってかばいが出ますので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリがわ悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛いから痛みが起こりにくいようにしているお身体の状態のことを言います。

次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が筋肉の中にある静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫というのは生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。
お身体が痛みや不快な症状を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態といっていわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

ぜひ当院のインナーマッスルセラピーをお試し下さい。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

肩こりでお悩みの方!深層筋治療で改善します!

2018.02.21 | Category: 肩こり

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は肩こりについてお話させて頂きます。

肩こりは日常生活の些細な負担の積み重ねで起こることがほとんどです。
お身体には骨や靭帯、神経などたくさんありますが、痛みを出している原因は筋肉であることがほとんどです。

原因は筋肉とお伝えさせて頂きましたが、ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと、傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉のは捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまうケースもあれば今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいがでますので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛いから痛みが起こりにくいように緊張させている身体の状態の事を言います。

次の層には筋浮腫があります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が静脈を圧迫してしまうのです。

筋スパズムや筋浮腫は生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いわけではありません。
お身体が痛みや不快な症状を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

筋硬結をとっていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

ぜひ当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

妊婦さん・ママさんのお身体のお辛さも改善できるたんぽぽ整骨院!

2018.01.19 | Category: 肩こり,腰痛

いつも御来院誠にありがとうございます。
本日は妊婦さん、ママさんのお辛さ改善についてお話させて頂きます。

妊娠をされている期間は体調やお身体の変化が激しいですよね。
お腹が大きく重たくなってくると腰のお辛さや肩こりなどが出やすくなりますよね。

小さなお子さんのママさんは家事や子育て、仕事など本当に大変です。

お腹の赤ちゃんに負荷がかからないように横向きで施術を行います。
女性スタッフが在籍しておりますのでお気軽にご相談ください。

腰痛や肩こりの痛みの原因は筋肉であることがほとんどです。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかる事でブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお唐dに小さいけれど当たらぢ位傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出るので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは悪い場所が痛いから、痛みを抑えようとしている体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを押さえようと筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫というのは生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

是非たんぽぽ整骨院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

長年の肩こりもたんぽぽ整骨院にお任せください。

2018.01.16 | Category: 肩こり

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は肩こりについてお話しさせて頂きます。

肩こりの原因はたくさんあります。
例えば、
・重たい荷物を長時間肩にかけていた。
・寒さで肩をすくめるような姿勢を長時間取られていた。
・スポーツなどの激しい運動
などたくさんありますが、肩こりの原因は筋肉であることがほとんどです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が、毎回治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉がばってしまいますので筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3雄構造になっております。
一番表面に筋スパズムというものがあります。
筋スパズムというのは痛みが起こりにくいように緊張させている身体の状態の事を言います。

次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が静脈を圧迫してしまうのです。

筋スパズムや筋浮腫というのは、生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。
お身体が痛みとか悪い状態を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本施術であり、根本施術を行うことで再発しなくなります。

是非たんぽぽ整骨院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。