MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 最近のご予約状況のご報告とこれからの季節の体調管理について

最近のご予約状況のご報告とこれからの季節の体調管理について

2018.06.04 | Category: 未分類

こんにちは。いつもありがとうございます。たんぽぽ整骨院です。

暑い毎日が続いておりますが、皆様お身体の調子はいかがでしょうか?
湿度もずいぶん高くなってきましたね。
少し動いただけで汗がじわーっとにじみ出てくような天候ですね。
水分をしっかりと取るようにしていきましょう。
また、これからの季節は冷房によってお身体を冷やしすぎてしまう事もありますので要注意です。

さて、本日はタイトルにも挙げさせていただいたように最近の予約状況についてお話ししたいと思います。
有り難いことに、毎日多くの方々にご来院頂いております。
そのため、予約を取りづらい状況が続いております。
たんぽぽ整骨院はご予約優先でご案内させて頂いており、飛び込みでの患者様のご案内がなかなかできない日が続いてしまっております。大変申し訳ございません。
現在、新患様のご予約は2日待ち(6/6以降)となっております。
たんぽぽ整骨院では、電話でのご予約も行っております。お気軽にお電話下さい。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

これからの梅雨の季節に注意したいこと
①蒸し暑さと気温の寒暖差
春に続いて梅雨時は寒暖差が激しい季節と言われています。
梅雨前線の北側に入ると気温が下がり、梅雨前線の南側に入ると一気に蒸し暑くなります。
人間は気温の変化に1週間ほどで順応するそうですが、梅雨寒が続くと体がそれに慣れてきます。
しかし、突然暑くなると体がついていけずに体調を崩します。
この対応策として、サッと羽織れる薄手の上着を一着持ち歩くと良いかもしれません。

②どんよりじめっとした暗い日
通常、眠っている間は副交感神経が優位で、朝明るくなって目が覚めると交感神経が優位になります。
梅雨どきは朝も厚い雨雲がかかって暗い日が多く、切り替えがうまくいかなくなります。
曇りの日は晴れの日より昼間に気温が上がらず、交感神経と副交感神経のバランスが悪くなりやすい時期です。
自律神経のバランスが崩れると精神だけでなく内臓や筋肉にも影響が現れます。

③熱中症の危険度が高い季節です
梅雨どきは、体温を下げるために汗をかいてもその汗が乾きにくく熱が逃げずらくなってしまいます。
その結果、熱中症のリスクが高まります。
首回りの汗を、蒸発しやすいアルコール成分の入ったウェットティッシュや水で濡らしたハンカチなどでこまめにふき取ると体温を下げることができます。梅雨どきの外出時には、扇子やウェットティッシュを携帯するようにしましょう。また、しっかりと水分を取るようにしてください。

もしも、この悪天候でお身体が辛くなってしまった時にはたんぽぽ整骨院へご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜