MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > スポーツ障害もたんぽぽ整骨院にお任せください!

スポーツ障害もたんぽぽ整骨院にお任せください!

2018.04.17 | Category: 未分類

こんにちは。いつもありがとうございます。たんぽぽ整骨院です。

皆さんはスポーツによる怪我と聞いて何を思い浮かべますか?

実は、スポーツによる怪我は2つに分類されます。1つ目はスポーツ外傷、2つ目はスポーツ障害です。では、この二つは何が違うのでしょうか?「スポーツ外傷」とは捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折など、一度に強い力が加わることで生じる怪我です。一方「スポーツ障害」とは、特定の部位に繰り返し力が加わることで生じる怪我のとこです。つまり、スポーツによる使いすぎ(オーバーユース)が原因として発生するのがスポーツ障害なのです。運動部の経験がある方は色々思い浮かぶのではないでしょうか?例えば成長期の膝の痛み(オスグットシュラッター病)、ジャンパー膝、シンスプリント、野球肘やテニス肘などがスポーツ障害と言われています。

今回は、「スポーツ障害」についてお話しします。どのようなスポーツ障害であっても大切なのが、痛みや違和感が出たら無理をしないことです。では、未然に防ぐことはできないのでしょうか?スポーツ障害の発生を予防するためには、ウォームアップやクールダウンがとても重要です。ストレッチや柔軟体操をしっかりと行うことで血流をよくします。ウォームアップの場合には身体に対して「これから身体を動かすよ!」という合図になり怪我の防止に繋がります。また、クールダウンの場合には、運動で使った身体を早く疲労回復することができ、使いすぎ(オーバーユース)を防げるだけではなくパフォーマンス(運動発揮)も良い影響を与える重要な要素なのです。

さらに、スポーツ障害で注意して頂きたいのが「成長期のお子さま」です。身体の成長が目まぐるしい小学校高学年から中学生ぐらいの成長期のお子さまは特に注意が必要です。膝の痛みですと単なる成長痛として片付けられてしまうことも少なくありません。しかし、我慢しながらスポーツを続けることで、長期間痛みに苦しめられるようになり思い切りスポーツができなくなってしまうかもしれません。保護者様もお子さまのお身体の状態に気を配ってあげてください。スポーツ障害を負ってしまった場合には、しばらくは運動を中止して安静にすることが大切です。しかしただ安静にしてるだけよりも、しっかりと治療を受けていただいた方が素早い改善につながります。もしも、お子さまがスポーツ障害を抱えているようでしたら荻窪たんぽぽ整骨院への受診を勧めてあげてください。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後