MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 深層筋<<インナーマッスル>>って?

深層筋<<インナーマッスル>>って?

2017.10.08 | Category: 未分類

いつもお世話になっております。たんぽぽ整骨院です。
当院にお越しいただいている皆様には知って頂いているかと思いますが、
当院では体の悪さを根本的に治してゆくことを目的としているため、深層筋に着目した治療を行っております。
その名も、『インナーマッスルセラピー』!!
皆様はインナーマッスルをご存知ですか?
インナーマッスルとは、日本語で『深層筋』を指します。
深層筋は身体にとってとても大切な筋肉になります。
・姿勢を保つ
・神経系に影響を与える。。。(感覚神経・運動神経・自律神経の調節)
・血液の循環に関係する  
などなど。様々な面で影響しています。

その中でも近年、インナーマッスルの衰えが問題視されています。
介護が必要になる原因の
第1位は脳血管障害
第2位は虚弱だと言われています。
筋行くが衰えてしまうことで、転倒が増えてしまったりという理由で寝たきりや要介護になってしまうのです。
筋肉が衰えないように鍛え続ける必要があります。

インナーマッスルが原因で腰や肩に痛みが出ることがあります。
その症状の原因は、傷ついてしまった筋肉が治りきっていないことにあります。

筋肉には肉離れや捻挫、むち打ちなどのように筋行くにたえられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。
筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのですね。
その傷が毎回きちんと治りきれば辛い症状が出ることはなくなります。

お体が悪い人に言えることは、仕事やスポーツ、日常生活動作で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、お体に小さいけれど新しい傷を作りつづけてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て最終的には治癒・治ったというのがその反応のゴールになります。

ただ筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出るので、途中で反応が止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、症状の原因となるシコリが出来るのです。

シコリは3層構造になっています。

一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張、いわゆる張感があります。

その次の層には、むくみが存在しています。
筋肉の中にはたくさんの静脈があり、痛みを抑えるためにスパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。それがむくみの原因となります。筋肉が悪いと首肩・背中・腰などあらゆるところに現れます。

スパズムや筋浮腫は生理学的な反応と言いまして、これ自体が悪い反応ではありません。
身体が痛みとか不快な症状を抑えようとして出ているものなんです。

そして最後、3層目に筋肉のシコリがあります。
これが痛みや不快な症状の原因となります。

筋硬結を取り除くことが根本治療であり、インナーマッスルセラピーによってこの深くに存在する筋肉のシコリに刺激を入れていくことができます。根本治療を行うことで再発しなくなります。

どんな治療をしてもなかなか良くならない、すぐに元に戻ってしまう。。。という方。
原因は筋肉の深いところにあるのかもしれません!
ぜひ当院へご相談ください!

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後