MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > ロコモティブシンドロームをたんぽぽ整骨院で予防しよう!

ロコモティブシンドロームをたんぽぽ整骨院で予防しよう!

2017.07.17 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日はロコモティブシンドロームについてお話しさせていただきます。

まず、ロコモティブシンドロームというのは「運動器の障害」により「要介護になる」リスクの高い状態の事です。
筋肉は神経機能(バランス機能)、骨強度、関節機能に関わっています。

皆様は歩けなくなったり、誰かに介護されるとどのような気持ちになりますか?
多くの方は「申し訳ない」「困る」「嫌だ」という気持ちになると思います。
ロコモと最近取り上げられていますが、ロコモというのは2007年に整形外科学会が提唱したロコモティブシンドロームという筋力低下障害というものですが、筋力が低下することにより、要介護になり歩けなくなったり骨折や転倒が増えてしまうケースが多くなることや筋力が低下し血管が圧迫され脳血管障害に繋がってしまうのです。
いわば、メタボに次ぐ国民病なのです。

ロコモティブシンドロームにならないためには筋肉量を低くしないことと筋肉が健康状態である4ことが重要になります。
筋肉は骨や関節・神経を守っている非常に大切な身体の機能なのです。

まず、現状を数値化で見れることによって治療にて痛みを取るだけではなくさらに身体の具体的な問題がみえてくるケースが多いです。

当院で行うロコモティブシンドローム予防は
1.検査
2.インナーマッスルセラピー
3.スロートレーニング
4.ストレッチ
5.評価
の流れで行って行きます。

検査でまずご自身のお身体の状態を知って頂きます。

【1.インナーマッスルセラピー】
私たちが行っているインナーマッスルセラピーは全国で3%しか行われていない深層筋治療です。
人間の自然治癒力を活かすような刺激を入れて、血液循環をよくし、痛みの一時的な変化ではなく、身体に出てきてしまっている症状の原因そのものを変化させていく治療です。

・インナーマッスルセラピーの効果
⑴血液循環を促進させる
⑵虚弱の原因は腰痛です。
 ➡腰痛の原因改善します。
⑶運動効果がアップします。

【2.スロートレーニング】
・スロートレーニングのメリット
⑴スローな動きなので関節などに優しい
⑵筋肉が自分の力で筋血流を制限する
⑶外的な加圧ではないので安全

・スロートレーニングの効果
⑴低負荷のトレーニングで筋肥大が誘発出来る
⑵最低週2回のスロートレーニングで筋肥大が可能
⑶筋力アップにより未来へのリスク(要介護)軽減

【3.ストレッチ】
ストレッチの効果
⑴トレーニングの効果をさらにアップさせる
⑵筋肉痛の予防
⑶血液循環のさらなる促進

ロコモティブシンドロームの予防は継続してうけて頂くことに大きな効果があります。

ロコモティブシンドロームは病気ではない為に治療などをする人は少ないのですが、継続することで大きな効果や5年後・10年後の生活が大きく変化します。

私たちと一緒に頑張って一生自分の足で歩けるようにしましょう!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後