MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > ヘルニアって何?たんぽぽ整骨院でよくなるって本当?

ヘルニアって何?たんぽぽ整骨院でよくなるって本当?

2017.06.21 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日はヘルニアについてお話させていただきます。

まずは椎間板ヘルニアについてご説明させていただきます。
椎間板ヘルニアと言う言葉は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

神経が圧迫されることにより腰痛、足のしびれ、ひどい場合には感覚がなくなってしまったり、足が動かなくなってしまうこともあります。

椎間板とは、上下の背骨の椎体という部分の間にあるクッションの役割をしているもので背骨にかかる負荷を軽くしているものです。

椎間板ヘルニアと診断されると治療法は手術や、痛み止めの注射、コルセットを着用して痛みをごまかすという方法が多いです。
確かに一度椎間板ヘルニアになってしまうとこれを完全に治すことは難しいです。

しかし、手術や注射をしなくて痛みを軽減することは出来ます。

痛みを出している原因は筋肉なのです。
骨自体が痛みを出しているわけではないのです。
筋肉は肉離れや捻挫のように筋肉に耐えられない負担がかかり、ブチブチとキレてしまう悪くなりかたと、今までかかってきた筋肉への負担が積み重なって悪くなるケースがあります。
筋肉に小さい断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出てしまうことはないのです。

身体が悪い人に言えることは、仕事やスポーツ、日常生活動作で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、お体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て、さいしゅうてきには治癒、治ったというのが、炎症反応のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいがでてきてしまうので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると筋肉への血流が遮断され、しこりが出来るのです。

私たちが行っているインナーマッスルセラピーは全国で3%しか行われていない深層筋治療です。
インナーマッスルセラピーは全部で3工程で行います。
まず摩擦と言って表面の筋肉をしっかりとほぐしていきます。
この摩擦をしっかりと行わないで筋肉の深いところに刺激を入れようとしても入らないですし、ただただ痛いだけになってしまいます。

表面の筋肉が緩むと筋浮腫というむくみが出てきます。
ころむくみをとるのが間欠圧迫という手技です。
むくみが取れると痛みの原因である筋硬結と呼ばれる結合組織まで刺激をいれることが出来ます。

そして、圧迫振動摩擦という治療で筋硬結に刺激を入れていきます。

ぜひ、当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後