MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 交通事故

交通事故

2017.05.08 | Category: 未分類

いつも御来院誠にありがとうございます。
本日は交通事故についてご説明させていただきます。

交通事故は一般的な怪我よりも、身体にかかる負担が大きいことが多く適切な治療を行わないと後遺症に悩まされることがあります。
はじめは軽度の痛みでもだんだん痛みが増してくることがありますので、軽度の痛みでも早期に治療することが大切です。
骨折後のリハビリも早期から始めないと、力が弱くなったり、関節が硬くなってりしてしまいます。

痛い部分があると身体は無意識のうちに痛い部分をかばおうとしてしまいます。
この独特の姿勢を疼痛抑制姿勢と言いますが、筋肉は縮むことで痛みを出すので無意識のうちに伸ばそうとします。
そうした姿勢の乱れが筋肉の硬さや痛みの原因になってきます。

筋肉のシコリは3層構造になっています。
1番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いからその痛みが起こりにくいように緊張させている身体の状態のことを言います。
次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみのことです。
筋肉の中には静脈がたくさん走っています。
痛みを抑えるためにスパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

1番深い層には結合組織があります。
これが痛みを出している原因です。
結合組織、つまり筋硬結を取っていかない限りはスパズムや浮腫を何回とっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療になります。
私たちが行っているインナーマッスルセラピーは筋硬結を取り除くことを目的として行っています。

ぜひ、お試しください。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後