TEL

交通事故 | 荻窪で口コミで評判|荻窪たんぽぽ整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 交通事故

交通事故

2017.05.05 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は交通事故による怪我についてお話させていただきます。

まず、交通事故の怪我で最も多いのが「むちうち」です。
交通事故におけるむち打ちのおよそ9割が追突事故によるものです。
追突事故の場合、予測をしていない状態で後方からふいに大きな力が加わるので、身体が緩んだ状態で負荷を打受けることになります。
普段かからない力で後ろに筋肉が強く伸ばされたあとに、さらに戻すように前に折れ曲がる形になります。
こうすることで首の筋肉に負荷が大きくかかってしまいます。
筋肉の異常はレントゲンなどではわからないため、自覚症状のみに苦しめられます。
なので痛みを我慢してしまいます。

筋肉は縮むことで痛みを出します。
痛みから逃れるために無意識のうちに筋肉を伸ばそうとします。
これが姿勢の乱れにつながります。姿勢に乱れを疼痛抑制姿勢といいますが痛い部分をかばってしまっているのです。

私たちが行っているインナーマッスルセラピーは筋肉の深い部分にあるシコリ、これを得あたしたちは筋硬結と呼んでいますが、この筋硬結が痛みをだす原因です。
筋硬結より表層にある筋肉の緊張やむくみをいくら良くしても筋硬結を取り除かない限りは痛みは繰り返してしまいます。筋硬結を取り除くことが痛みの根本施術になります。
施術を進めて行く過程で痛みを出している筋肉を良くしていきます。
そうすることで、身体をかばう必要もなくなりますので、姿勢もよくなり、痛みも自然ととれていきます。

ぜひ一度お試しください。