TEL

寒さによって表れる関節症にはインナーマッスルセラピー! | 荻窪で口コミで評判|荻窪たんぽぽ整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 寒さによって表れる関節症にはインナーマッスルセラピー!

寒さによって表れる関節症にはインナーマッスルセラピー!

2016.11.16 | Category: 未分類

いつもご来院ありがとうございます!

本日1つ目のブログでは寒さによってまるまる猫背のお話しをさせていただきました。
寒さによって出てくるものは猫背だけじゃないですよね。古傷が痛む・・・動きが悪くなる・・・などなど寒くなってくると関節に不具合が出てくる方は多数いらっしゃると思います。
その原因は、寒さによって筋肉や血管が収縮し関節部分に必要な栄養分が不足してしまう事になります。栄養がしっかりと関節に行き届かないことによって、日々の細かな損傷が治るより蓄積される方が大きくなり痛みが引き起こされてしまうのです。
こういった気候の変化による痛みを根本より改善していく為には、損傷を起こしている場所に充分な栄養を送り届けてあげる必要がございます。
栄養とはつまり新鮮な血液の事であり、この血液を送り届けるための血管や送り出すポンプの役割をする筋肉を治し強くすることが根本より痛みを取り除くことに必要なことになってくるのです。

これは変形性の関節症にも言えることです。
どうしても変形性の関節症となると度合いによって寒さなど関係せず痛みを出してしまうものですが、筋肉を柔軟に強くし新鮮な血液を循環させることによって痛み自体は抑えることができるのです。

注射などで痛みを取り除く対症療法でなく根本から解決するための施術をしていきましょう!
いつでもご相談お待ちしております!