TEL

ヘルニアのお辛さにも筋肉の硬さが関係しているかも? | 荻窪で口コミで評判|荻窪たんぽぽ整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > ヘルニアのお辛さにも筋肉の硬さが関係しているかも?

ヘルニアのお辛さにも筋肉の硬さが関係しているかも?

2016.11.05 | Category: 未分類

みなさんは最近、お体を動かしていますか?

筋肉は使いすぎによって悪くなることが多いですが、
使わなすぎによっても悪くなってしまいます。

身体の循環は内臓だけでなく、筋肉の動きによっても変化します。
筋肉が伸び縮みをすることにより、ポンプのような作用をします。
その作用により手足末端といった戻ってきにくい血液を心臓の方へ戻すのです。

しかし、筋肉が硬くなってしまえばそれもできません。
「筋肉を柔らかく保つこと」それがとても大切です。

時々、ヘルニアを患って当院へお越しになる方がいらっしゃいます。

ヘルニアには様々なものがあります。
生理的あるいは病的な腹壁裂隙を通じて,内臓が壁側腹壁に包まれたまま腹膜腔外に脱出する状態。ヘルニアは鼠径部に最も多く (鼠径ヘルニア) ,大腿部,臍などにも起る (大腿ヘルニア,臍ヘルニア)
これは内臓のヘルニアです。

椎間板ヘルニアはヘルニアの中でも、神経の髄核(ずいかく)が脱出して神経組織を圧迫した状態です。
しびれなどとても辛い症状が常にある状態です。
この場合、神経を圧迫しているものが無くならなければよくなりません。
圧迫しいる期期間長いと、その他の筋肉が硬くなってきます。
それがさらに筋肉を圧迫してしまい、さらに辛さが増す、ということがあります。

その場合、筋肉を緩めることで症状を軽くすることができます。

一度、ぜひご相談ください!