MENU TEL

猫背

杉並区の荻窪や西荻窪駅や吉祥寺から近い荻窪たんぽぽ整骨院の猫背矯正はソフトな力で確かな効果

周囲の人から「姿勢が悪い」「猫背」だと指摘されたことは御座いませんか?ご自身ではなかなか気が付きづらいもので、周りから言われて初めて気づく方も多いのです。猫背を改善しようと気をつけていても、クセになってしまっているとご自身で改善するのは難しいかもしれません。そういった時には是非杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院の猫背矯正をお試ししてみてください。

体調不良の原因に…

猫背は見た目の面においてのマイナス要素も御座いますが、そのほかにも実はさまざまな体調不良を引き起こす原因ともなってしまうのです。肩こりや頭痛、腰痛やO脚、他にも内臓の機能が低下してしまい胃腸障害や、女性の場合ですと生理痛、生理不順などを引き起こすことも御座います。杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院にて姿勢をは正していくことでこのような症状もスッキリと改善することができます。

背骨をボキボキするのでしょうか?

猫背を直すというと、単純に背骨をボキボキして真直ぐにすればいいというイメージがあるかもしれません。しかし、杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院の施術は、身体の土台となっている骨盤から丁寧に調整していきます。強い力を使わなくても確実に身体のバランスを整えることができる専門家による安全な施術です。猫背=骨が原因といイメージが強いかもしれませんが、「筋肉」が原因である場合も多いのです。ぜひお気軽にご相談ください。

首にも影響

猫背の方は首もお辛いとおっしゃる方が多いです。なぜかといいますと、背中が丸まると首も下に向きます。ですが、お体は無意識に「その状態は良くない!」と判断をし、首を上に向けます。ですが、背中が丸まっているため、背骨がまっすぐではなくねくねした状態なので圧迫してしまい痛めてしまう方がほとんどです。

治療を行う段階でお体のバランスを良くするためにもしっかりと見させていただきますので、その際にはご相談ください。

 

背骨ではなく筋肉

猫背というと、原因は「背骨が曲がっているから」と思われていませんか?

結果的には、背骨自体が曲がってきてしまうのですが、根本的な原因がもう一つあります。

それは筋肉です。負担をかけ続けてしまっていた筋肉がだんだんとシコリになってきます、それが、柔軟性を低下している原因であり、また、痛みを出しているのもそのシコリなので無意識に痛みが出ない姿勢を作ります。それがクセづいてしまったものなんです。ですので、そのシコリを改善すれば、猫背も皆瀬炎されていきます!いいい姿勢を作っていきましょう!

筋肉を鍛えたら姿勢が治る??

姿勢が悪くなる原因として「筋力の低下」が挙げられていることをご存知ですか?正しい姿勢をキープするだけの筋力がないと姿勢は崩れてきてしまいます。そして、その悪い姿勢を長年続けていると身体のいろいろな場所に負担をかけ続けていくことになってしまいます。その結果背骨が曲がってしまったりするのです。

もし、今現在姿勢の悪さでお悩みの方、今後姿勢が悪くなってしまうのではないかと心配されている方、これから先も背筋をピンと張らせて生活したい方。あなたの筋力は大丈夫ですか?「腹筋をやってみたら出来なかった。」「Ⅴ字バランスをキープするのが厳しい。」そんな方は要注意です。体幹の筋肉を鍛えることで正しい姿勢を手に入れることが出来ます。そして、健康な体まで手に入れることが出来ます。

その他にも筋肉が硬くなってしまって正しい姿勢が取れない。そんな方もいらっしゃると思います。そんな方はしっかりと筋肉のケアをする必要があると思います。そして柔らかい筋肉を手に入れることで、今よりももっと活動しやすくなったり、きれいな姿勢が保てることでしょう。

猫背をはじめとする姿勢の悪さの原因に「筋肉」が関わっていることを頭の片隅に置いておきましょう。

猫背で息苦しい・・・

背中が丸くなっていたり身体が歪んでしまっている状態を考えるともともと何が原因なのかという所ですが、お仕事でのデスクワークであったり、手元の作業が多かったりすると背中が丸くなって身体の筋肉が縮んだ状態で筋肉が硬くなってしまうと猫背の姿勢で固まってしまいます。
その固まった状態で背中を伸ばそうとしても筋肉が固まっているので背中はまた丸まってしまいます。
ここで猫背を治したいと思ったら、まずやらなければいけないことは筋肉をしっかりと緩めることが大切なのです。
そして猫背になってしまうと身体の不調にもつながります。
常に筋肉に負担がかかるためにダメージが蓄積されてしまいます。
実は筋肉の傷みだけではなく気管支にも負担をかけます。背中が丸くなることで気管支は狭くなります。
呼吸をするときに空気が気管支を通りますよね。
質は空気にも摩擦があります。つまり空気がこすれてしまうのです。空気の摩擦で気管支を刺激してしまうので咳き込んだり息苦しさが出てしまうのです。
おまけに背中が丸くなると肋骨の間に呼吸をする筋肉が存在しているのですがこの筋肉が硬くなってしまっても息苦しさが出ます。しっかりと筋肉治療をして猫背改善を行いましょう。

筋肉を鍛えて姿勢を正しましょう!

高齢者の方に見られる丸い背中(亀背・凸背)などは長年の負荷により背骨が変形することで生じます。しかし、そうではなくいわゆる「猫背」と言われる悪い姿勢は筋肉が原因で引き起こされます。私たちは正しい姿勢を保つためにも筋力を必要とします。しかし、その姿勢を保つだけの筋力がなくなってしまうと姿勢はどんどん悪くなってしまいます。また、しっかりと筋トレを行っていてもそのやり方によっては猫背を引き起こしてしまいます。それは筋力のバランスの崩れです。例えば、身体の前側にある筋肉ばかりをトレーニングしていると前側の筋肉の引っ張る力が強くなり猫背が形成されてしまいます。姿勢を正し猫背を改善するためには前後の筋肉をバランスよくトレーニングすることが必要です。また、日ごろから正しい姿勢を意識することも大切です。筋肉は動かそうと意識するだけでも少しずつトレーニングが行えると言われています。コツコツとトレーニングを行うことが大切です。そして猫背などの悪い姿勢により生じる身体への悪影響も改善しましょう。姿勢が良くなれば筋肉の痛みだけでなく、内臓の働きもよくなります。

その猫背原因は背中の筋肉?

あなたのその猫背、実は悪い部分をかばっていることが原因かもしれません。本日は猫背の原因の一つとして背中側の筋肉を取り上げていきます。

実は筋肉は縮むことによって痛みを生じます。これを短縮痛と言います。悪くなってしまった筋肉(筋硬結がある筋肉)は縮むと痛みが出るので無意識に伸ばすことで痛みを防ごうとします。このことから、もしも、背中側の筋肉が悪くなってしまった場合には、肩を後ろに引き胸を張るような姿勢をとると背中側の筋肉が縮むので痛みが出てしまいます。それを防ぐために、無意識的に背中を丸めて背中側の筋肉を伸ばすようにして痛みを避けようとしているのです。こういった痛みを避けたりかばう姿勢を「疼痛抑制姿勢」と言います。こういった原因で猫背になってしまっている場合には、悪くなってしまった背中側の筋肉を治療し良くすることで、悪い部分をかばう必要がなくなりこのような疼痛抑制姿勢は見られなくなります。そして、お辛い痛みも次第になくなります。

今回は筋肉が悪くなってしまい猫背になってしまっている場合についてお話ししました。
筋肉は裏切らない組織です。しっかりと治療を行えばよくなります。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後