MENU TEL

マタニティ治療

杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院が心身共に快適なマタニティライフをサポートします!

妊娠中には、心身共に大きな負担がかかり重だるさ・痛みなど。。。身体に不調が出てきてしまうことも少なくありません。しかし、簡単にお薬を飲むこともできず、つらい症状を我慢し続けている方も多いでしょう。荻窪たんぽぽ整骨院では、専門家によるマタニティ治療をおこなっており、妊娠中の身体でも安心して施術を受けていただくことができます。
女性スタッフも在しておりますのでお気軽にご相談ください。

妊娠中に起こるつらい症状

お腹が大きくなるにつれて身体の重心がズレていき、腰や膝など身体の一部分にばかり負担がかかってしまいます。そのため、身体に痛みやしびれ、だるさなどが出てくることが多いのです。また、足のむくみや、冷え性、頭痛なども起こりやすくなります。
荻窪たんぽぽ整骨院のマタニティ治療は、全身のつらい症状に効果的です。
マタニティ治療は、ソフトな力でおこなう施術ですので、お母さんの身体にも赤ちゃんにも全く負担はかかりませんのでご安心ください。

快適なマタニティライフを送るためのサポート

荻窪たんぽぽ整骨院では、妊婦さんの心と身体、両方の健康を保ち出産を迎える時まで快適なマタニティライフを過ごしていただけるようにサポートをしてまいります。
気になる症状や、お困りのこと、こんなときにはどうすれば…?というようなことが御座いましたら、何でもお気軽にご相談ください。

産前から産後ケアを始めましょう

産前の治療は「辛い症状をよくする」だけではありません!実際のところ、マタニティの時に治療を行っている場合は産後の状態も良好なケースが多いです。産後骨盤矯正という言葉もありますが、産後のケアは「どれだけ産前ケア」をしていたかで、良くなるスピードが変化するといっても過言ではありません。
産前の腰痛やむくみをケアしつつ、産後に備えて「先手管理」を行いましょう!有意義な治療ができるはずです。

 

女性応援院です!

お子様がいてなかなか外出できない・・・など、そんな時はご安心ください!

当院には女性スタッフも滞在しているため、お子様とご一緒させていただきます!

お子様が手放せないときでも近くで治療させていただきますのでご安心して頂けたらと思います。

また、我慢してしまえばしてしまうほど症状は次第に悪化してしまい、お子様と過ごす時間もお辛い時が増えていってしまうかもしれません。そんなことが起きぬよう、しっかりとそのお辛い症状を改善しませんか?

 

妊娠中でも整骨院に通えるの?マタニティ施術

荻窪たんぽぽ整骨院ではマタニティ専門の整体や施術を行っております。
産前、産後の女性に対する施術は一般とは施術の仕方が異なります。
妊娠中特有の辛さや悩みなどを解消することが出来る、マタニティ整体なのです。

妊娠中はおなかがどんどん大きくなるので腰痛、肩こりがひどくなりますなりがちです。
痛みを改善するためにマタニティ整体では無理のない範囲で筋肉のコリをほぐして、骨にかかる負荷を無くしていきます。
更に逆子や切迫症状のある妊婦さんに対しても施術実績が非常に多々ありますので、安心して治療を受けにきていただくことが可能です。

マタニティ整体を受けることで、身体の痛みやだるさが改善されるだけでなく、痛みを伴わない施術がメインとなりますので、リラックス効果にもつながります。
妊娠中に方で整骨院での施術に興味がある方はぜひ荻窪たんぽぽ整骨院へご相談ください。

荻窪たんぽぽ整骨院の院内には清潔感があり、女性の方でも来院しやすい雰囲気作りを心がけています。
お子様連れの女性での来院も随時受け付けておりますのでご安心ください。
施術中の子守りにも、女性スタッフが対応致します。

産後は早めに治療しないとどうなる?

子どもを産むために骨盤を広げていきますが、産後はゆっくりと縮こまっていきます。
その時に骨盤に付着している筋肉が左右で違った場合、閉じ方が違って歪んでしまいます。
結果として、骨盤の歪みとは筋肉が原因であることが多いので、歪んでしまう前に早めにケアをしましょう!

★妊娠中・産後の治療★

妊娠中はお腹が大きくなるたびに骨盤は前傾していき腰や肩に大きく負担がかかってしまいます。産後はそのゆがみが自然と治りづらく、腰痛などが慢性症状に移行してしまうケースも少なくありません。
妊娠中、産後は身体のケアがいつも以上に重要になってまいりますのでまず一度ご相談のお電話でも結構ですのでご連絡をお待ちしております。

★早めにメンテナンスしましょう★
お子様を出産されてから、骨盤が元通りになる時間は平均して約1か月くらいとされています。
妊娠中から腰が痛かった場合は、早めに治療しましょう。
早期にアプローチをすることが重要です。

治療の仕方はその方によって細かくご相談させていただきます

妊娠中の方だと通常の治療の仕方とは異なります。
ただ、妊娠中だから治療ができないということは一切ございません!
妊娠中だからこその辛さもたくさんあると思いますのでお気軽にご相談くださいませ。

妊娠中だからこそ治療が必要なこともあります!

妊娠中は腰に大きな負担がかかってきます。
お腹が大きくなるにつれて腰をそるような姿勢になって行き、大きく腰に負担がかかります。
腰にふたんがかかることで膝にも負担がかかり、身体のあちこちが痛くなってしまう可能性もあります。
荻窪たんぽぽ整骨院では妊娠中の方でもより治療を受け安いように配慮させていただいておりますので安心して治療を受けて頂けます。

お母さん応援時間のお知らせ/h4>
毎週火曜日と金曜日の9:00~12:00は女性スタッフがお子様をお預かりいたします!
もちろん、他の曜日、他のお時間でもお子様とご一緒にご来院頂くのは大歓迎なのですが
「やっぱり周りが気になる」
「目を離してしまうのが不安」
と思ってらっしゃる方が多いと思います。

そこで、受付スタッフ(女性スタッフ)がお子様をお預かりして一緒に絵本を読んだり、おもちゃで遊んだりさせて頂きます。

受付スタッフは3児の母なので子育てについてもご相談して頂けます。
一日中お子様中心の生活可と思いますので、この時間だけがご自分のお身体のことだけを火㎜が得るお時間にしませんか?

お気軽にご相談ください!

産後のお母さんはとても身体に負担がかかっています

出産をすると骨盤が開き、産後は骨盤が2.3ヵ月と少し閉じる動きをします。
骨盤は腰、お腹、脚と繋がる筋肉があり、閉じることによってつながる筋肉が引き伸ばされます。
妊娠中の方は特に運動不足になりがちの為、引き延ばされ要とする筋肉は硬い状態で伸ばされます。
当然、筋肉が微細ながらの筋断裂を起こします。
筋断裂は炎症を起こし、血液循環が悪く治りきらなければ筋硬結に変わります。

それが腰痛や不快な症状になっている原因なのです。
さらに赤ちゃんの抱っこをする際は身体えをそるような姿勢をとるため、腰に負担がかかりやすく、当然肩も抱っこをしていたら負担がかかり筋硬結が生まれます。

荻窪たんぽぽ整骨院ではインナーマッスルセラピーを扱っています。
インナーマッスルセラピーは筋硬結に対し、神経性炎症という身体に害のない炎症を与え、血液循環を良くすることで自然治癒力を高めていきます。
神経性炎症を起こすとその場だけの変化ではなく、持続的に身体の変化をもたらします。
筋硬結は痛みや不良姿勢、自律神経疾患なども引き起こします。

ストレスが多いお母さまはぜひいちどインナーマッスルセラピーを受けてみてください。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後