MENU TEL

冷え性

お体は末端から冷えやすくなっています。特に冬場、寒さに耐えきれずなかなか行動に移せなかったり、眠さ・ダルさが抜けないなど、冷え症には様々な症状があります。漢方薬や薬で症状は軽減しますが、なかなか改善することは少ないかと思いますし、冷え性は冬場だけでなく、夏場でも症状は出てきます。そこで、冷え性の改善についてご紹介します。

長年の冷え性のお悩みは杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院へ相談ください。

冷え性のために、夜なかなか寝つくことができない、胃腸の調子が悪い、生理痛が重い、夏場でも冷房ですぐ体調を崩してしまう…といったお悩みを抱えてる方も多いでしょう。荻窪たんぽぽ整骨院では、こうした冷え性の原因を探り出し、身体の内側の環境を整えて改善させていくことができます。

自律神経のバランスを乱す原因

冷え性というのは、大元をたどっていくと自律神経のバランスの乱れによって引き起こされていると考えられます。自律神経が正常に働かないことで、身体の隅々まで血液が送られなくなってしまうのです。長時間同じ姿勢をとっていたり、姿勢が悪かったり、運動不足や過剰なストレスの蓄積、生活習慣の乱れなどから自律神経のバランスが乱れてしまいます。荻窪たんぽぽ整骨院では、冷え性改善のためにも日頃気をつけていただきたいポイントをご説明させていただきます。

体質だからと諦める必要は御座いません

冷え性というのは生まれつきの体質だから仕方がないと諦めていませんか?荻窪たんぽぽ整骨院にて身体のバランスを整えて、体内環境を正常化させることできちんと改善できますので、ご安心ください。

 

セルフケア

治療を継続して受け続けていくこともとても大切なのですが、やはり大切なのが治療後のセルフケアです。治療後は効果が出ているので幾日か持続はしますが、原因の筋硬結が除去できない限りなんどもむくみや血管が収縮してしまい冷え性の症状がぶり返してしまうことがあります。

ですが、そこでお体を冷やさないということに気を付けて頂ければ効果も長続きしますので頭の隅に置きながら生活してみてください。そして、効果が少しでも持続したまま再度治療を受けることで効果は上乗せされます。ですのでご自宅ではお気をつけて過ごしてみてください。

 

血流の悪さから

冷え性は血流の悪さからと言われています。特に、心臓に近い腰回りで筋硬結が出来てしまうと悪くなりやすいとされています。

腰や背中周りで違和感など感じていませんか?もしかしたらご自身の冷え性は筋硬結が圧迫している血管の血流の悪さから来てしまっているのかもしれません。

寒さで悪化

寒くなってきますと、筋肉がさらに収縮してしまい、より血管が圧迫されてしまうので血流がさらに悪い状態になってしまいます。そこで、深層筋治療で原因筋に対して刺激をれていくことでお身体の末端にまで血が通っていきます。寒い冬の時期、手足が動かしにくいのは怪我や事故の原因になってしまいます。そうなってしまわぬように、しっかりと予防していきましょ!

冷えの原因と対策

冷えの原因・・・難しく考えすぎることが多いですが、基本的には身体が固まっている状態が原因です。
ということは・・・必然的に対策は身体をほぐすことになります!
ただ、一時的なマッサージではすぐに元に戻ってしまうのでご注意を。

冷えに効果ありの食べ物

身体を温める食材は、寒い所で育った食べ物が良いと言います。
例えば・・・果物でいえば、みかんよりもリンゴ、砂糖であれば、キビ砂糖よりも甜菜糖・・・などです!

手足の冷えは根本から改善しましょう

「冷え」と聞くとどこが冷えるイメージを思い浮かべますか?
最多票は「足」ですね!その次によく言われるのが「手」です。
なぜこの二つは冷えやすいのでしょうか?
答えは大きく分けて二つあります。
①抹消(はじっこ)なため、血液が送られにくい
②外界に接しているため、直接的に冷えやすい
という二点です。

特に①については、血液の発射地点である「心臓」から遠いことが原因です。
なので、血液の発射地点からの循環を改善すると、必然的に血液循環が改善されます。

足の冷えであれば腰や骨盤周り、手の冷えであれば肩や背中を治療しましょう。

自律神経の乱れによって起こる冷え性はたんぽぽ整骨院で改善しましょう

冷え性は女性に多くみられる症状の一つで、冷え性を悩みにしている方は非常に多いです。冷え性は指先、つま先が冷たくなる症状であり、ひどい場合は眠りが浅くなったり、ちょっと寒い場所に行っただけで体調を崩してしまったりすることも。
また冷え性になると血行がいつも悪い状態なので、身体が疲れやすくなってしまいます。

冷え症はむくみの原因でのあり、基礎代謝、新陳代謝の低下にもつながりますのでダイエットにも大敵です。冷え性の原因は血行不良であり、自律神経の乱れによって起こっています。自律神経の乱れを改善したいのであれば、荻窪たんぽぽ整骨院へお越しください。

荻窪たんぽぽ整骨院は筋肉の緊張をほぐし、自律神経をスムーズにする治療を得意としています。冷え性をそのまま放っておくと、老廃物が体内にたまった状態になり、身体にも良くありません。

荻窪たんぽぽ整骨院では筋肉治療の他、鍼灸・マッサージなどの手技で骨を正しい位置へ調整することも出来ます。まずは荻窪たんぽぽ整骨院へ一度ご来院ください。

身体中にある原因

冷え性はいろいろな原因で起こってきます。
季節の変わり目であったり気温が低くなったりという原因であったり筋肉が硬くなったりという理由からでも冷え性というのも起きてくるのです。
足や手足など心臓から一番遠い末端が冷えてくることが多いのです、
それは心臓から血液が押し出されテイル状態なのですが、筋肉が硬いと血液循環が悪くなってしまい、これが冷え性という症状に繋がります。
そこで重要になってくるのが運動になります。
運動をしっかりとして筋肉を動かあ須ことで血液循環は良くなります。
例えば歩くだけでもふくらはぎや太もも、お尻や腰も連動して動きます。
デスクワークだと身体の動きは少なくどんどん筋肉を硬くしてしまいます。その為に全身に血液循環は行きにくくなってしまいます。
全身の血液循環が悪くなってきてしまうと身体は冷えて回復力も落ちてしまいます。
筋肉は傷つきやすい組織であるために日常生活やスポーツ、お仕事で身体を駆使してしまいますと、筋肉の繊維が切れてしまいます。この損傷した筋肉を治すのも実は血液なのです。
筋繊維が治っていかないとまた筋肉が硬くなってしまい冷え性の悪循環になってしまうのです。

夏も冷え性に注意!

冷え性と言いますと「冬」のイメージが強いと思いますが、実は暑い夏にも冷え性は起こります。そして、夏の冷え性で体調を崩してしまう方も多いので注意が必要です。私たちの身体はある一定の範囲内で保とうとします。体温もこれに当てはまります。私たちは、冷たい食べ物や飲み物を口にして、また、衣服も調節して体温調整をスムーズにしています。しかし、現代でな冷房機器などの設備が充実しており、涼しくなっている環境で冷たいものを食べたり飲んだりすることでお身体を冷やしすぎてしまうことが起こるようになってきました。夏の冷え症の特徴は、内臓の冷えです。冷たいものを食することで身体の内側から冷えてしまいます。その影響で自律神経系のバランスも崩れ体調不良や不眠などを引き起こしてしまう場合もあります。また、暑さの為湯船につからずシャワーだけで済ましてしまったり、お風呂から出た後に髪の毛を乾かさず、水滴を首や肩周りにぽつぽつと垂らしてしまう状態を保ってしまう方も多く、こういったことから身体を冷やしてしまい筋肉の循環が悪くなりお身体を悪くしてしまうこともあります。暑いからと言ってお身体を冷やしすぎないようにしましょう。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後