MENU TEL

ヘルニア

ヘルニア手術を検討されている方はまず杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院へ

一度ヘルニアになってしまうと手術をしない限り治ることはないだろう。。。と思われている方も多いのではないでしょうか。しかし、手術はお体に多大な負荷がかかります。出来ることなら手術を回避して改善させていきたいものだと思います。荻窪たんぽぽ整骨院では、専門家による手技療法をメインとした治療によってつらいヘルニアの症状をしっかりと改善させていくことができるのです。

まずは詳しくお身体の状態をチェックします

荻窪たんぽぽ整骨院では、まずは丁寧なカウンセリングをおこない、そして全身の状態を細かくチェックさせていただきます。ヘルニアの原因がどこにあるのか、そして何故ヘルニアになってしまったのかを探り出し、お身体に合わせた治療をご提案させていただきます。骨盤や背骨をはじめとする骨格のゆがみを調整したり、筋肉の緊張をほぐしてあげましょう。

手術を検討されている方へ

病院で「この先手術が必要になるかも知れません。」と言われて不安を感じている方、ただ手術の日を待っているだけでは状態が良くなることは御座いません。荻窪たんぽぽ整骨院にてヘルニア治療を受けていただくことで、手術を回避することも可能になるのです。

再発予防

椎間板ヘルニアの原因は筋硬結です。そのシコリが周囲の筋肉や血管、神経に悪さをしてしまっています。ですが、そのしこりをしっかりと取り除くことができれば、もう神経や血管を圧迫してしまっているものがないため繰り返すことがなくなります。

繰り返してしまい、何度も休養されるよりも、しっかりと改善して繰り返さないお体にしましょう!

ヘルニアの治療

整骨院ではヘルニアの治療!という形でヘルニアを完治させることは難しいですが、ヘルニアによって出ている症状を改善することはできます。神経の圧迫を取り除き、痛みやしびれを除去していきましょう!

ヘルニアの痛みは荻窪たんぽぽ整骨院の治療で改善しましょう

腰の痛みは慢性的な腰痛以外にヘルニアや坐骨神経痛など様々な原因が考えられます。
ヘルニアは腰椎椎間板に強い圧力が加わることで中の髄核がずれ、椎間板が外に飛び出して神経を圧迫してしまっている症状を言います。特にヘルニアは腰椎後方を走っている神経を圧迫してしまうので足腰に激痛を生じたり、痺れがでることも多々あります。
ヘルニアは「整形外科など病院に行かないと治らない」と考える方がいます。しかし、実際には整骨院でヘルニアの治療をする方が非常に増えているのです。それはここ杉並区も例外ではございません。
ヘルニアは手術をしなければ治らない病気ではなく、整骨院の施術で痛みを劇的に改善させることが出来ます。

特に杉並区・中野・高円寺のたんぽぽ整骨院では、日常生活を送る上でのアドバイスなども積極的に行って行きます。
トータル的なサポートを期待するのであれば病院よりも杉並区・中野・高円寺のたんぽぽ整骨院はオススメです。

よく耳にするヘルニアとはどんな症状が出るの?

腰椎椎間板ヘルニアの症状
通常は、腰痛やぎっくり腰のような症状が現れ、数日後に、片側の脚へと放散する痛みやしびれが生じます。この痛みやしびれは激烈で、思うように動けないことも多く、睡眠も妨げられるほどだと言われています。症状の特徴としては、腰の痛みや運動制限が生じ、症状が片側のみであることが典型的ですが、まれに両側の神経根が圧迫を受け両方の脚に症状が出現する場合があります。また、排尿や排便に障害が認められる場合もあります。そして、知覚障害や運動障害の出現場所は、ヘルニアの起こっている場所によっても異なります。それは、どの神経が圧迫を受けているかによって変わってくるからです。最も多いのは第5腰神経の圧迫で、すねなどに知覚障害が出たり足首を反らすことが難しくなったりします。第4腰神経が圧迫を受けると、脚の内側に知覚障害が出たり太ももの筋肉が動かしづらくなり、立ち上がり動作などがしにくくなったりします。第1仙骨神経が圧迫を受けると足の外側に知覚障害が出たり、つま先立ちがしにくくなったりという症状が出ます。「あれ、おかしいな?」と思った場合には早めにご相談ください。

ヘルニアになりやすい人に特徴はあるの??

椎間板ヘルニアは、加齢による椎間板の衰えが主な原因です。また、重い物を持つ動作や激しいスポーツなどにより腰へ負担がかかることが多い人にもよく発生します。急に腰をひねったり、中腰で重い物を持ち上げたりする動作は腰にかなりの負担をかけてしまうのです。特に注意が必要なのは、運搬業や運転手などの職種です。ほかにも喫煙者は腰椎椎間板ヘルニアになりやすいことがわかっています。タバコを1日10本吸う人は、椎間板ヘルニアになるリスクが20%上がるという報告があります。また、最近の研究では、腰椎椎間板ヘルニアには遺伝的な要因が関与していることがわかってきました。特に若年者の椎間板ヘルニアでは、通常発症よりも家族性発症の方が5倍ほど多いと報告されています。もし、あなたの家族に腰椎椎間板ヘルニアの方がいる人は腰へ負担をかける動きを控えるなど気をつけたほうがよいでしょう。また、悪い姿勢をとらないよう心がけたり、筋肉をしっかりとケアして、質の良い状態を保つことも大切です。さらに、年齢の特徴としては20~40代に多く見られます。腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の外側を構成している線維輪が変性して、髄核が飛び出すことで神経が圧迫された状態です。20~30代の若い男性に椎間板ヘルニアが多いのは、髄核がみずみずしく弾力が高いため飛び出やすいことが理由のひとつとされています。

体幹トレーニングが効果的??

腰椎椎間板ヘルニアなどによる慢性的な腰痛や坐骨神経痛の背景には、体力や筋力の低下、過労や精神的ストレスなどがあると言われております。病院で「腹筋や背筋をやってください」と言われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?腹圧を高める体幹インナーマッスルの筋力が低下すると、腰を支える力が弱くなることを意味しますので、とても大きな影響を及ぼ酢と言われています。したがって、インナーマッスルを鍛えることが大切だと言われています。しかし、やみくもにやっても逆に症状を悪化させてしまうこともありますので注意が必要です。何か立って作業しているときにお腹と背中にしっかりと力を入れて腹圧(お腹の中の圧力)を高めましょう。こうする事で、脊柱を安定させることが出来ます。腹圧が高まり正しい姿勢をキープすると腰への負担を減らすことが出来ますので、体幹周りの筋力をつけ正しい姿勢をとるように心がけましょう。まずは仰向けになり膝を立てた状態で腹式呼吸をしましょう。この時にお腹に力が入っていることを意識するようにしましょう。また、現在では、EMSという機械によるインナーマッスルのトレーニングも話題になっています。ご自宅でなかなか運動時間が確保できない方におすすめです。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後