MENU TEL

ぎっくり腰

ぎっくり腰の治療と予防に効果的な施術を、杉並区の荻窪や西荻窪駅から近い荻窪たんぽぽ整骨院で

ぎっくり腰は長く続く腰痛が原因で起こってしまったり、ふとした衝撃によってグキッときてしまったりと様々な要因で起こります。特にもともと腰に痛みがあるかたは特に要注意が必要です!まずは腰痛の段階からしっかり予防してそこまで負担をためないことが大切です。万が一出てしまった場合には早期に荻窪駅からも近い荻窪たんぽぽ整骨院にご来院ください。

ふとしたキッカケで起こります

ぎっくり腰は、重いものを持ち上げたり、腰を思い切り捻るような動作をした時に起こりやすくなります。その事実のみを考えると原因も急性のものに思いがちです。しかし気をつけていただきたいのが、日頃から腰に負担がかかっており腰痛を抱えてる方の場合です。腰に負担が蓄積されていることで、ちょっとしたキッカケでもすぐにぎっくり腰になってしまい、1度起こってしまうとクセになることもあります。
それは、深くにある根本的なもの・・・シコリがずっと残ってしまっているからです。
荻窪たんぽぽ整骨院では、予防や再発防止にも力を入れております。
お気軽にご相談ください。

ぎっくり腰を起こさない身体作りをしましょう!

荻窪たんぽぽ整骨院では、身体のバランスを整えて一部分にばかりかかる負担を減らしていきます。また、全身のバランスが整いますと人間が本来持っている自然治癒力が引き出されていき、つらい痛みを素早く効果的に改善させることができるのです。さらに深くまで刺激を加えていくことで根本から良くしていくことができますよ!

インナーマッスルセラピーでぎっくり腰の再発予防!
深層筋治療(インナーマッスルセラピー)は、ぎっくり腰の要因である筋硬結(痛みや不快な症状の原因)の除去を目的に行っております。その筋硬結をしっかりと除去できれば、痛みも改善され、負荷に耐えられるようになります。そこで、トレーニングをプラスして行えばさらに強い負荷に耐えることができる丈夫なお身体になります。そうすることで、再発防止につながり、ぎっくり腰を繰り返さない健康的なお身体を手に入れることができるんです!

そして、御自身の負担も減り、心も軽くなるかと思われますので、是非!当院のインナーマッスルセラピーをお試し下さい!!

激痛を感じたギックリ腰の方お任せください

重たい荷物を持った瞬間に腰に激痛が走った、腰があまりに痛すぎて立ち上げれない、歩けない・・・このような経験がある方は意外と多いものです。
皆様はいかがでしょうか?
これらのは全て「ギックリ腰」から派生していきます。ギックリ腰は腰に負担の瞬間にかかる動作をした際に発症します。
ギックリ腰は過度の負担をかけることによって筋肉の繊維が切れてしまい、骨や筋肉をしっかりと支える事が出来ない状態になってしまうのです。その為、歩いたり、立ったりすることが出来なくなってしまいます。繊維が切れた腰部は炎症を起こしている状態なので刺激の強いマッサージは症状を悪化させてしまう場合がございます。

杉並区・高円寺・中野のたんぽぽ整骨院ではギックリ腰の急性期なのか、少し落ち着いた時期なのかを、まずは問診や触診によって見極めていきます。
患者様の状態に合わせてギックリ腰を根治できるような治療を選択させていただきますので、どうぞご安心ください。

温度変化に要注意です!

ギックリ腰と言いますと何か重い物を持ち上げている時に痛めてしまったなんて話をよく耳にするかと思います。しかし、これからの季節には、意外なところに落とし穴があるのです。
これからあったかくなってきて身体も動かしやすくなるのに何故?と思われる方が多いと思います。
ここでポイントとなるのが「温度」です。これからどんどん暑くなってきます。
するとどうでしょう、皆さんは冷房を付けたり身体を冷やしたりしますよね。
その温度変化により筋肉が緊張しギックリ腰を引き起こしてしまうことがあるのです。
お身体の温度を上げすぎてしまうことは大変危険なことですが、冷やしすぎてしまったり、長時間冷房の効いた場所にいることも身体に様々な影響を及ぼすことがあります。
こんなちょっとしたことが原因でギックリ腰を引き起こしてしまうかもしれません。
逆に言えば、このことを頭の片隅に置いて生活していたら、これからの季節のギックリ腰を
少し防止することもできるかもしれません。
なってしまうと非常にお辛いのがギックリ腰です。
痛い思いをする前に、不便な思いをする前に、そうならないように未然に防いでいくことが大切です。
こういった考え方を「先手管理」と言います。
何事においても早め早めに手を打っていきましょう。

激痛が辛いギックリ腰の治療も荻窪たんぽぽ整骨院にお任せ下さい!

重たい荷物を持った瞬間に腰に激痛が走った、腰があまりに痛すぎて立ち上がれない、歩けない・・・このような経験がある方は、意外ととても多いのです。
皆様はいかがでしょうか?これらの症状が全て「ギックリ腰」から派生しています。
ギックリ腰は腰に負担のかかる動作をした瞬間に発症します。

ギックリ腰は、過度の負担をかけることによって筋肉の繊維が切れてしまい、骨や筋肉をしっかりと支えることが出来ない状態になってしまうのです。
その為、歩いたり、立ったりすることが出来なくなってしまいます。
繊維が切れた腰部は炎症を起こしている状態なので、刺激の強いマッサージは症状を悪化させてしまうことがございます。

荻窪たんぽぽ整骨院ではギックリ腰が急性期なのか、少し状態が落ち着いた時期なのかを、まずは問診や触診によって見極めていきます。
患者様の状態に合わせて、ギックリ腰を根治できるような治療を選択させていただきますので、どうぞご安心ください。

また、荻窪たんぽぽ整骨院では筋肉治療に力を入れております。
筋肉の異常を改善することで、身体の痛みや不調を改善していきます。
ギックリ腰においても筋肉のハリ感、緊張がひどい場合には筋肉のほぐしを行ってから骨盤の歪みを矯正していきます。

要注意!一度なってしまうと繰り返し安い!

ギックリ腰は一度なってから、痛みが通れたからお終いではなく、身体には曽於の時の傷はつきっぱなしになっている状態です。
その傷が治りきらずに古傷にしてしまうと何度も何度も繰り返し起こる可能性があるので一度なってしまった後の治療が今後のお身体の為にも重要になってきます。

★ギックリ腰は季節の変わり目が多いのです★
ギックリ腰っは突然なるイメージがを持たれている方が多いですが、実は季節の変わり目に多く発生します。
気絶の変わり目は気圧にも変化が生じる為、身体にかかる負荷にも変化があります。
負荷が変わると、重くても軽くても筋肉の硬さが変わってしまうのでその変化に対応できなくなってギックリ腰を起こしてしまう方もいます。
特に多いのは、寒い冬の時期、年末年始、外の気温と室内の気温の差が激しい夏場です。

お気軽にご相談ください。

ぎっくり腰って何?

ぎっくり腰という言葉はとても有名ですが、ぎっくり腰とはどのようなものなのでしょうか?
ぎっくり腰とは「急性腰痛症」の俗称です。急性腰痛症とは、然腰部に疼痛が走る疾患で、関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの症状を指します。日常生活の中でのふとした瞬間や急な動作、重い荷物を持とうとしたとき、体を捻ったときにその場にうずくまらなければいけないほどの激痛が走ると言われています。そのあまりの痛さから欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。このぎっくり腰の原因ですが、実はあまりよくわかっていないのです。何かをした際に腰に負担がかかり何らかの損傷を起こしてしまうと考えられています。

このぎっくり腰ですが、なりやすい人の特徴があります。例えば「ストレスをためやすい人」「運動不足の人」「腰への負担が大きい職に就いている人」などが挙げられます。重いものをよく持ち上げる仕事に就いている人は腰へ負担がかかる機会が多いですからリスクが高くなってしまうことは分かりやすいと思います。また運動不足に関しましても、筋肉を使わないと筋肉は衰えてしまいます。また、硬くなってしまい柔軟性を保てなくなってしまいます。そうなると、腰へに負担は大きくなりぎっくり腰のリスクを高めてしまいます。ここで意外なのが「ストレス」だと思います。身体がストレスを感じると自律神経のバランスが崩れ「交感神経」が優位の状態になります。交感神経とは身体を動かしたり興奮状態の時に高まる神経で、元々は人間が身を守るための働きをするものです。これが働くと筋肉をギューッと固めて身体を守ろうとしてしまいます。その為にぎっくり腰のリスクを高めてしまいます。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後