MENU TEL

スポーツ障害もたんぽぽ整骨院にお任せください!

2018.04.17 | Category: 未分類

こんにちは。いつもありがとうございます。たんぽぽ整骨院です。

皆さんはスポーツによる怪我と聞いて何を思い浮かべますか?

実は、スポーツによる怪我は2つに分類されます。1つ目はスポーツ外傷、2つ目はスポーツ障害です。では、この二つは何が違うのでしょうか?「スポーツ外傷」とは捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折など、一度に強い力が加わることで生じる怪我です。一方「スポーツ障害」とは、特定の部位に繰り返し力が加わることで生じる怪我のとこです。つまり、スポーツによる使いすぎ(オーバーユース)が原因として発生するのがスポーツ障害なのです。運動部の経験がある方は色々思い浮かぶのではないでしょうか?例えば成長期の膝の痛み(オスグットシュラッター病)、ジャンパー膝、シンスプリント、野球肘やテニス肘などがスポーツ障害と言われています。

今回は、「スポーツ障害」についてお話しします。どのようなスポーツ障害であっても大切なのが、痛みや違和感が出たら無理をしないことです。では、未然に防ぐことはできないのでしょうか?スポーツ障害の発生を予防するためには、ウォームアップやクールダウンがとても重要です。ストレッチや柔軟体操をしっかりと行うことで血流をよくします。ウォームアップの場合には身体に対して「これから身体を動かすよ!」という合図になり怪我の防止に繋がります。また、クールダウンの場合には、運動で使った身体を早く疲労回復することができ、使いすぎ(オーバーユース)を防げるだけではなくパフォーマンス(運動発揮)も良い影響を与える重要な要素なのです。

さらに、スポーツ障害で注意して頂きたいのが「成長期のお子さま」です。身体の成長が目まぐるしい小学校高学年から中学生ぐらいの成長期のお子さまは特に注意が必要です。膝の痛みですと単なる成長痛として片付けられてしまうことも少なくありません。しかし、我慢しながらスポーツを続けることで、長期間痛みに苦しめられるようになり思い切りスポーツができなくなってしまうかもしれません。保護者様もお子さまのお身体の状態に気を配ってあげてください。スポーツ障害を負ってしまった場合には、しばらくは運動を中止して安静にすることが大切です。しかしただ安静にしてるだけよりも、しっかりと治療を受けていただいた方が素早い改善につながります。もしも、お子さまがスポーツ障害を抱えているようでしたら荻窪たんぽぽ整骨院への受診を勧めてあげてください。

交通事故にあった時たんぽぽ整骨院で治療は出来るの?

2018.04.11 | Category: 未分類

いつもありがとうございます。
本日は交通事故についてお話しします。

ずばり!たんぽぽ整骨院では交通事故治療を行っております。どんなに気を付けていても起こってしまうことがあるのが交通事故です。もしも交通事故にに遭われてしまったときは、事故直後に痛みが無かった場合でも荻窪たんぽぽ整骨院へお早めにご来院ください。

交通事故では、普段身体に加わることのない強大な衝撃が身体に加わります。そのため、身体には様々なダメージが現れてくるのです。例えば、骨折、打撲、むち打ち、痺れなど様々な症状が現れることがあります。身体の状態を放置してしまうと、「常に頚が動きづらい」「しびれが出る」等の後遺症となってしまうことも多いのです。早めの治療が早期改善のために非常に重要になります。荻窪たんぽぽ整骨院では交通事故診療に関する説明もしっかり行いますので、安心して治療を受けることが出来ます。

続いて交通事故治療ってどういうものなのかについてお話します。
・追突事故に遭ってしまった
・追突事故を起こしてしまった
・友人が運転する車に乗っていて事故に遭ってしまった
・自爆事故(ガードレールや電柱に衝突、バック時)
・車のドアに指を挟んでしまった
・自転車での事故
・玉突き事故に遭ってしまった
このような場合には「自賠責保険」を活用した治療が行えます。「交通事故の治療の料金ってどうなるの?」と気になるかと思います。交通事故は保険会社さんとの連携が必要なため、窓口でのお客様の負担金額は0円となっております。また、荻窪たんぽぽ整骨院では痛みや不調の根本治療を基本に行っておりますのでしっかりと治療を行うことが出来ます。事故直後の痛みの治療を一時的に行っても、根本的に治さなければいずれ後遺症という形で様々な不調が現れてしまうことがあります。痛みが取れたからと安心せずしっかりと治療を行うことが重要です。

最後に、交通事故に遭われてしまった時にどうすればいいのかについてお話しします。もしも、交通事故に遭われてしまった時は以下の手順で対応をしてください。
①警察に連絡をしてください
 事故の大小に関わらず、必ず連絡してください。
②荻窪たんぽぽ整骨院にご連絡ください
 電話番号03-5335-5023
③荻窪たんぽぽ整骨院へご来院ください
 出来るだけ詳しく症状を把握するために、問診・視診・触診など各種検査を行います。
④保険会社に連絡をしてください
⑤連携医療機関で精密検査を行います
 診断や診療内容の確認を行います。

荻窪たんぽぽ整骨院では常に交通事故治療担当の者が対応させていただきますのでお気軽に当院へご連絡ください。

長年お困りの腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せください!

2018.04.07 | Category: 未分類

いつもありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させて頂きます。

腰痛と一言で言っても原因は様々です。
例えば
・長時間の同じ姿勢の維持
・重たい荷物を持ち上げたとき
などたくさんあります。

お身体には神経や靭帯、骨などたくさんありますが痛みを出している原因は筋肉であることがほとんどです。
ではどうして筋肉が悪くなってしまう野かをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉の細かい小さな断裂のようなものが積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくと、そこに炎症反応が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、周りの筋肉によってかばいが出ると炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群といって、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリが3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムというものがあります。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛いから痛みが起こりにくいようにしているお身体の状態のことを言います。

次の層には筋浮腫があります。
これは、むくみも事です。

痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が筋肉の中の静脈を圧迫してしまいます。
そうすると血流が滞りむくんでしまいます。

筋スパズムや筋浮腫は生理学的な反応と言ってこれ自体が悪い反応ではありません。
お身体が悪い状態や痛みを抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態といっていわゆる病気なのです。

筋硬結を取り除かない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

是非たんぽぽ整骨院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

新年度に向けて!今こそお身体のメンテナンスをしましょう。

2018.03.31 | Category: 未分類

皆様こんにちは!
いつもお世話になっております。たんぽぽ整骨院です!!
本日は3/31。2018年3月も終わりですね。
明日からは4月です。新年度ももうすぐですね!!
この時期は多くの方が新たな環境に身を置かれることでしょう。
新たな環境はお身体に大きな負担となってきます。
私も、高校を卒業したと同時に上京し、まったく知らない土地で慣れない一人暮らしを始めたときは大変でした。。。

身体への毎日の負担の積み重ねのみでなく、精神的なものも重なり、とても心身ともに疲れていました。

お身体には骨や靭帯、神経などたくさんありますが痛みを出している原因は筋肉がであることがほとんどです。
ではどうして筋肉というものは悪くなっていってしまうのでしょうか。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースああります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がつくのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症反応が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのは炎症のゴールになります。

ただ、周りの筋肉によってかばいが出ますので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来ます。
そのシコリがわ悪さをして痛みや不快な症状を出すのですね。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛いから痛みが起こりにくいようにしているお身体の状態のことを言います。

次の層には筋浮腫といい、むくみが出ている層があります。
これは、痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が筋肉の中にある静脈を圧迫してしまいます。
筋スパズムや筋浮腫というのは生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。
お身体が痛みや不快な症状を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。要はこれが筋肉のシコリです。
このシコリの状態を病態生理学的な状態といっていわゆる筋肉の病気です。

筋肉のシコリを取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
シコリを取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

新たな気持ち・お身体で新年度を迎えませんか??
仕事・学業・部活のパフォーマンスアップに、ぜひ当院のインナーマッスルセラピーをお試し下さい。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

慢性的な腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せください。

2018.03.30 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させていただきます。

腰痛の原因はたくさんあります。
例えば、重たい荷物を持ち上げたときや、長時間中腰の姿勢が続いたなどが多いと思いますが、そのようなおおきなきっかけがなくても腰痛になってしまうケースが多く見られます。

筋肉は微細な損傷を受けやすい組織ですので日常生活動作の何気ない動きでも傷ついてしまっているのです。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させていただきます。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのようにっ筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出るので炎症が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
このスパズムというのは、悪い部分が痛いから痛みが起こりにくいようにしているお身体の状態のことを言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が筋肉の中の静脈を圧迫してしまいます。
そうすると循環が悪くなりむくんでしまうのです。

ただ、筋スパズムや筋浮腫は生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。
お身体が悪い状態や痛いを抑えようとしている状態なのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。

筋硬結を取り除かない限りは、筋スパズムや筋浮腫を何回も何回も取り除いても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試し下さい。
皆様のごラインをスタッフ一同心よりお待ちしております。

その頭痛!原因は筋肉かも!?たんぽぽ整骨院にお任せください!

2018.03.20 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は頭痛についてお話させて頂きます。

頭痛と言っても大きく3種類に分けられます。
1.片頭痛
2.群発性頭痛
3.緊張性頭痛
に分けられます。

片頭痛と群発性頭痛は結構異常が原因で起こります。
緊張性頭痛は筋肉が緊張してしまうことによって起こります。

緊張性頭痛の原因は筋肉ですとお伝えしましたがではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなってしまうケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷がキチンと治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

お身体が悪い人に言えることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で悪い場所をかばってしまっている方がほとんどで小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症反応が起こります。
炎症というのは、段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉に傷がつくと周りの筋肉によってかばいが出ますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さえおして痛みや不快な症状を出すのです。
声を筋痛症候群と言って小さい傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛みが起こりにくいようにしているお体の状態のことを言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみのことです。

痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が筋肉の中の静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫は生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではないんです。
お身体が痛みや不快な症状を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

筋硬結を取り除かない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

ぜひ当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

長年の辛い肩こりもたんぽぽ整骨院にお任せください!

2018.03.11 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。

本日は慢性的な肩こりについてお話させていただきます。

まず肩こりというのは原因に心当たりがないものがほとんどです。
毎日の負担の積み重ねで悪くなり、痛みが出るケースがほとんどです。

お身体には骨や靭帯、神経などたくさんありますが痛みを出している原因は筋肉がであることがほとんどです。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させていただきます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースああります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がつくのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症反応が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのは炎症のゴールになります。

ただ、周りの筋肉によってかばいが出ますので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリがわ悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛いから痛みが起こりにくいようにしているお身体の状態のことを言います。

次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が筋肉の中にある静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫というのは生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。
お身体が痛みや不快な症状を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態といっていわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

ぜひ当院のインナーマッスルセラピーをお試し下さい。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

慢性腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せって本当?

2018.03.11 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させて頂きます。

お身体には骨や靭帯神経などたくさんありますが、痛みえお出している原因は筋肉であることがほとんどです。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させていただきます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかる事でブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症反応が起こります。
炎症というのは段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉に傷がつくと周りの筋肉によってかばいが出ますので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流ふが遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛いから痛みが起こりにくいようにしているお身体の状態の事を言います。

次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が筋育の中にある静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫というのは生理学的な状態と言ってこれ自体が悪い反応ではありません。
お身体が痛みや不快な症状を抑えようとしている反応なのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫というのは何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

是非たんぽぽ整骨院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

妊婦さんも大歓迎のたんぽぽ整骨院です。

2018.03.10 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
たんぽぽ整骨院です。

妊婦さんは大変ですよね。
お腹が大きくなると腰や背中にかかる負担も大きくなりますよね。

安定期に入る前の治療は危険と言われますしお母さんも不安化と思いますので安定期に入った後であれば横向きでしっかりと治療させていただけます。

腰痛と言っても原因はたくさんあります。
ただ、痛みを出しているのは筋肉であることがほとんどです。

ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させていただきます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかる事でブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今まで積み重なってきた筋肉への負担で悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

筋肉に傷がつくとそこに炎症反応が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

筋肉が悪くなると周りの筋肉のよってかばいが出ますので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
このシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いから痛みが起こりにくいようにしているお身体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が筋肉の中の静脈を圧迫してしまうのです。

ただ、筋スパズムや筋浮腫は生理学的な状態と言ってこれ自体が悪いことではありません。
お身体が痛みや不快な症状を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結が痛みや不快な症状の原因なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

肩こりでお悩みの方!深層筋治療で改善します!

2018.02.21 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は肩こりについてお話させて頂きます。

肩こりは日常生活の些細な負担の積み重ねで起こることがほとんどです。
お身体には骨や靭帯、神経などたくさんありますが、痛みを出している原因は筋肉であることがほとんどです。

原因は筋肉とお伝えさせて頂きましたが、ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと、傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉のは捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまうケースもあれば今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいがでますので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛いから痛みが起こりにくいように緊張させている身体の状態の事を言います。

次の層には筋浮腫があります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が静脈を圧迫してしまうのです。

筋スパズムや筋浮腫は生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いわけではありません。
お身体が痛みや不快な症状を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

筋硬結をとっていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

ぜひ当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後