MENU TEL

妊婦さん・ママさんのお身体のお辛さも改善できるたんぽぽ整骨院!

2018.01.19 | Category: 未分類

いつも御来院誠にありがとうございます。
本日は妊婦さん、ママさんのお辛さ改善についてお話させて頂きます。

妊娠をされている期間は体調やお身体の変化が激しいですよね。
お腹が大きく重たくなってくると腰のお辛さや肩こりなどが出やすくなりますよね。

小さなお子さんのママさんは家事や子育て、仕事など本当に大変です。

お腹の赤ちゃんに負荷がかからないように横向きで治療を行います。
女性スタッフが在籍しておりますのでお気軽にご相談ください。

腰痛や肩こりの痛みの原因は筋肉であることがほとんどです。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかる事でブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお唐dに小さいけれど当たらぢ位傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出るので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは悪い場所が痛いから、痛みを抑えようとしている体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを押さえようと筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫というのは生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

是非たんぽぽ整骨院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

腰痛でお悩みの皆様!たんぽぽ整骨院にお任せください!

2018.01.17 | Category: 未分類

いつも御来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させて頂きます。

お身体には骨や靭帯、神経などたくさんありますが、痛みを出している原因は筋肉であることがほとんどです。
原因は筋肉ですとお伝えさせて頂きましたが、ではどうして筋肉が悪くなるのかをご説明させて頂きます。

結論から言うと、傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。
筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉の細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいがでますので筋肉への血流が遮断されシコリが出来ます。

このシコリを筋硬結と言います。
このシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムと言うのは、痛みを抑えようと緊張させているお身体の状態のことを言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫は生理学的な状態と言って、これ自体が悪いことではありません。
身体が痛みとか悪い状態を押さえようとしているのです。

3層目は結合組織といいます。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

ぜひ当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

長年の肩こりもたんぽぽ整骨院にお任せください。

2018.01.16 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は肩こりについてお話しさせて頂きます。

肩こりの原因はたくさんあります。
例えば、
・重たい荷物を長時間肩にかけていた。
・寒さで肩をすくめるような姿勢を長時間取られていた。
・スポーツなどの激しい運動
などたくさんありますが、肩こりの原因は筋肉であることがほとんどです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が、毎回治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉がばってしまいますので筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3雄構造になっております。
一番表面に筋スパズムというものがあります。
筋スパズムというのは痛みが起こりにくいように緊張させている身体の状態の事を言います。

次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると筋肉が静脈を圧迫してしまうのです。

筋スパズムや筋浮腫というのは、生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。
お身体が痛みとか悪い状態を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

是非たんぽぽ整骨院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

ギックリ腰もたんぽぽ整骨院にお任せください!

2018.01.12 | Category: 未分類

いつも御来院誠にありがとうございます。
本日はギックリ腰についてお話させて頂きます。

ギックリ腰は筋肉が硬くなってしまったことが主な原因で起こります。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが、毎日負担が積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出ますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリというのは3層構造になっております。
一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛いから痛みを抑えようとしている体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫といってむくみができています。
こちらは筋肉の痛みを和らげようと身体を外部の刺激から守るために筋肉のまわりをショック吸収材のように覆っている水分のかたまりになります。

その下の一番深い部分に結合組織といって筋肉の怪我のある部分、痛みの根本となっています。
この結合組織に対して治療刺激を加えていかないと痛みの根本が取れない為に、また痛みをぶり返す原因となります。

この結合組織に対して施術を加えるものがインナーマッスルセラピー、深層筋治療となります。

インナーマッスルセラピーでは浅い部分の筋肉の緊張から緩め、むくみを除去し、結合組織に対して的確に刺激を加えることで根本からの治療をしていける施術法になります。

ただし簡単に根本の原因を除去することはできません。
長年貯めた負担というものは相応の時間をかけてコツコツと取り除いていく必要があります。
私たちたんぽぽ整骨院では1週間に1時間程度を目安に身体の状況に応じて施術時間のオススメをさせていただいております。
身体の一部がお辛いというようであれば30分ほどでも改善していけるかもしれません。

一度身体を根本から良くしていきたいという方はご相談ください!
いつでもご連絡おまちしております!

姿勢の悪さは筋肉の悪さ!たんぽぽ整骨院にお任せください!

2018.01.10 | Category: 未分類

いつも御来院誠にありがとうございます。
本日は筋肉についてお話しさせて頂きます。

筋肉とは、骨などを支えたり、姿勢を保つなどの働きがあります。
筋肉は、損傷しやすい組織です。

肩こりや腰痛、頭痛などたくさん痛みの種類はありますが、痛みを出している原因は筋肉であることがほとんどです。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはないんです。

身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかがいが出るので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムと言うのは、痛みが出にくいように緊張させている体の状態のことを言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉のなかにはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫というのは生理学的な状態と言ってこれ自体が悪い反応ではありません。
身体が痛みとか悪い状態を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な反応と言って、いわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまうのです。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

頭痛の原因は筋肉!?たんぽぽ整骨院で改善します。

2018.01.10 | Category: 未分類

いつも御来院誠に有難うございます。
本日は頭痛についてお話しさせて頂きます。

頭痛と言っても大きく3種類に分けられます。
1.偏頭痛
2.群発性頭痛
3.緊張性頭痛
に分けられます。

偏頭痛や群発性頭痛は血流が原因でおきますが、緊張性頭痛は筋肉が原因で起こります。

原因は筋肉ですとお伝えさせて頂きましたが、ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと、傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまうような悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症というものが起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出るので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが痛みや不快な症状を出しているのです。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります
この筋スパズムというのは、痛み押さえようとしている体の状態のことを言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉のなかにはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫というのは、生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。
身体が痛みとか悪い状態を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

是非当院インナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

長年お悩みの肩こりもたんぽぽ整骨院で改善するって本当?

2018.01.07 | Category: 未分類

いつも御来院誠に有難うございます。

明けましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。本年もよろしくお願い致します。

本日は肩こりについてお話させて頂きます。

肩こりの原因はたくさんあります。
今の時期は寒いので、筋肉が硬くなりやすいということも肩こりの要因になります。

ただ、痛みを出している原因は筋肉であることがほとんどです。

ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくと炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出ますので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、痛みを抑えようと筋肉が緊張している状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようとして筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫というのは、生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。
身体が痛みや不快な症状を抑えようとしている反応なのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

長年の肩こりもたんぽぽ整骨院にお任せください!

2017.12.19 | Category: 未分類

いつもご来院誠に有難うございます。
本日は肩こりについてお話させて頂きます。

肩こりの原因はたくさんあります。
身体には骨や神経、靭帯などたくさんありますが、痛みを出しているのは筋肉であることがほとんどです。

では、どうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人に言えることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出ますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが痛みや不快な症状の原因なのです。
これを筋痛症候群と言って小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地にようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛いから、痛みが起こりにくいようにしている体の状態のことを言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

筋スパズムや筋浮腫というのは生理学的な状態と言ってこれ自体が悪い反応ではありません。
身体が痛みや不快な序y隊を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を粉うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

関節の痛みもたんぽぽ整骨院にお任せください。

2017.12.17 | Category: 未分類

いつも御来院誠に有難うございます。
本日は関節痛についてお話させて頂きます。

身体には、骨や靭帯、神経、関節などたくさんありますが、痛みを出している原因は筋肉であることがほとんどです。
ではどうして、筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。

結論から言うと、傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉のは捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出ますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっております。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムと言うのは、悪い部分が痛いから痛みが起らないようにしている体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると、筋肉は静脈を圧迫してしまうのです。

筋スパズムや筋浮腫というのは、生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。
お身体が痛みとか悪い状態を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれは筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかないかぢりは、筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

筋力強化もたんぽぽ整骨院にお任せください!

2017.12.15 | Category: 未分類

いつも御来院誠にありがとうございます。
本日は筋力強化についてお話させて頂きます。

近年、筋力が衰えてしまうことで痛みや不快な症状が出てしまう方が増えてきてしまっております。
身体には骨や神経、靭帯などたくさんありますが、痛みを出している原因は筋肉であることがほとんどです。

ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で悪い部分をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出るので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっています。
一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いから痛みがお起らないように緊張させている体の状態のことを言います。

次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てい来ると、筋肉が静脈お圧迫してしまいます。

筋スパズムや院浮腫というのは生理学的な反応と言ってこれ自体が悪いことではありません。
身体が痛みとか、悪い状態を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
ようはこれが筋硬結なのです。
この筋硬結の状態を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは、筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後