MENU TEL

交通事故の治療もたんぽぽ整骨院にお任せください!

2017.10.22 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は交通事故についてお話させて頂きます。

交通事故でもっとも多いと言われているのが追突事故によるむち打ち症です。
むち打ち症とは、車の運転中の信号待ちなどの際、後方から不意に大きな衝撃が加わることで筋肉が損傷し痛みが出ます。

むち打ち症の原因は筋肉です。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には肉離れやむち打ち、捻挫のように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねでわるくなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が
悪くなると、周りの筋肉によってかばいが出るので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうすると筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

これを筋硬結と言います。
このシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので、慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっています。
一番表面にあるのが筋スパズムという筋肉の緊張です。
この筋スパズムは悪い部分が痛いから痛みが起らないように緊張させている身体の状態のことを言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると。筋肉が静脈を圧迫してしまいます。
そうしてむくみが起こるのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。
この結合組織が痛みや不快な症状の原因なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。

筋硬結と摂っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫とっても何回も何回ももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療をすることで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

トレーニングもたんぽぽ整骨院にお任せください。

2017.10.21 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日はトレーニングについてお話させて頂きます。

近年、インナーマッスル(深層筋)が弱ってしまうことで痛みや不快な症状がでてしまうことが多くみられます。
筋肉を維持するためには、鍛え続けることが大切になります。

痛みの原因は筋肉です、とお伝えしましてが、ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には肉離れや捻挫、むち打ちなどのように筋肉に耐えられない負担がかかることで悪くなってしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、お身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出るので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

これを筋硬結と言います。
このシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群といい、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっています。
一番表面には筋スパズムという筋肉の緊張があります。
筋スパズムというのは悪い場所が痛いから、その痛みが起こりにくいように緊張させている体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみの事です。

筋肉に中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えるために筋スパズムが出てくると筋肉が静脈を圧迫してしまいます。
そうしてむくみが起こるのです。

筋スパズムや筋浮腫は生理学的な状態と言ってこれ自体が悪い反応ではありません。
身体が痛みとか悪い状態を抑えるために起こっている反応なのです。

3層目は結合組織と言います。
要は、これが筋硬結なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。

筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結えお取り除くことが根本治療であり、根本治療をおこなうことで再発しなくなります。

是非たんぽぽ整骨院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
みなさまのご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

長年の肩こりもたんぽぽ整骨院にお任せください!

2017.10.20 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は肩こりについてお話させて頂きます。

肩こりは日本人の多くの方がお悩みの症状の一つです。
きっかけは
・長時間の同じ姿勢の維持
・重たい荷物をいつも同じ方の方で持つ
・スポーツなどの激しい運動
など様々ですが、痛みを出している原因は筋肉なのです。

ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、お身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出るので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

それを筋硬結と言います。
このシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群と言って慢性的な下地のようなものになるんですね。

筋肉のシコリは3層構造になっています。
一番表面にあるのが筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムは悪い部分が痛い荒痛みを起こらないように緊張させている身体に状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛いを抑えようと筋スパズムが出てくると、筋肉の中の静脈を圧迫してしまいます。
こうしてむくんでしまいます。

スパズムや筋浮腫は生理学的な反応と行ってこれ自体が悪い状態ではありません。
痛みとか悪い状態を抑えようと出ている反応なんです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。この筋硬結が痛みや不快な症状の原因なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。

結合組織、つまり筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

インナーマッスルの治療はたんぽぽ整骨院にお任せください!

2017.10.18 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日はインナーマッスルについてお話させて頂きます。

最近、インナーマッスルが衰えてしまうことが原因で腰痛や肩こりなどの症状が出てしまう方が増えてしまっております。

痛みを出すのは筋肉です。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。

結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫や肉離れ、むち打ちなどのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷ついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、お身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出るので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断されシコリが出来るのです。

これを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
これを筋痛症候群と言いまして、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっています。
一番表面にあるのが筋スパズムという筋肉の緊張です。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いから、痛みが起らないように緊張させている体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えるために筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。
そうして筋肉がむくむんです。

スパズムや筋浮腫は生理学的な反応と言いましてこれ自体が悪い反応ではないんですね。
身体が痛みとか悪い状態を抑えようとして出ている反応なのです。

3層目は結合組織と言います。
要は、これが筋硬結なのです。この結合組織が痛みを出している原因なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

結合組織、つまり筋硬結を取っていかない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

ぜひ当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

EMSって何?たんぽぽ整骨院で受けられるの?

2017.10.17 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日はEMSについてお話させて頂きます。

まず、始めに皆様はEMSというものをご存知ですか?
EMSとは[Electrical Muscle Stimulation]の略で、「電気的筋肉刺激装置」という直訳になります。
EMS-indepth- は、筋肉を電気的刺激によって収縮させる運動器具です。

通常、自分ではなかなか動かすことが難しい筋肉をトレーニングしたり、普段から筋トレ(運動)ができない方に対しての筋トレ(運動)の補助マシンとしてご活用いただけます。

市販されているEMSは周波数が低い為、表面の筋肉を鍛えることはできますが、インナーマッスル(深層筋)まで刺激を入れることはできません。

良くご質問頂くのがダイエットとの関係です。
まず、ダイエットと聞いて思い浮かべるのが「体重」ですが、「体重を落とす」ことが目的ではなく「引き締まった体をつくる」ことを目的にし、筋肉を引き締め(鍛え)ることで身体のリズムを整え、脂肪を燃焼しやすい健康な身体を作っていきましょう!

特に「体幹」(インナーマッスル)を引き締めることで
「姿勢改善」「エネルギーを消費しやすい身体作り」などの効果を体感していただけると思います。

次におススメしたいのが、これからの季節、お悩みの方が増えると思われる「冷え・むくみ」の改善です。
現代の人の多くが冷えや低体温に悩まされており、原因としては血行不良や更年期などが関係していると言われています。
また、筋肉いんはポンプ作用があり、筋肉量の低下やコリによりポンプ機能としての働きが悪くなり、その結果末端部分(手、足)の冷えや低体温になっていると考えられています。

冷えや低体温は「肩こり」「腰痛」「頭痛」「腹痛」「不眠」などの不快な症状が現れ、また「免疫力低下」にもつながってきます。
健康的な人の平熱は37度と言われております。
体温計の37度のところに赤いラインがひいてありますが、それは熱があるかないかの境界ではなく、健康かどうかの境目なのです。

竿後は四十肩・五十肩に関係する、という所のお話をさせていただきます。
40~60代に多く見られる症状で、方の痛みや肩を上げられないなどの日常生活にも支障が出てしまいます。
原因としては、方や肩甲骨周りの筋肉の衰えが原因となることが多く、特に深層筋(インナーマッスル)の衰えが原因になることがおおいです。

ぜひ当院のEMS-indepth-をお試しください。

ずっとお悩みの腰痛もたんぽぽ整骨院にお任せください!

2017.10.17 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は腰痛についてお話させて頂きます。

腰痛は肩こりと並んで日本人の多くの方がお悩みの症状です。
腰痛のきっかけはたくさんあります。
例えば、
・長時間の同じ姿勢の維持
・重たい荷物を持ち上げたとき
・スポーツなどの激しい運動
など、たくさんありますが、痛みの原因は筋肉であることがほとんどです。

ではどうして筋肉がどうして悪くなるのかをご説明させて頂きます。
結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどでお身体に小さな傷が作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいがでるので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

それを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。。
これを筋痛症候群といい、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっています。

一番表面にあるのが筋スパズムという筋肉の緊張です。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いから、緊張させている体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。
これはむくみの事です。

筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。
こうしてむくみが起こります。

スパズムや筋浮腫は生理学的な状態と言って、これ自体が悪いことではありません
身体が痛みとか、悪い状態を抑えようとしている反応なんです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。この結合組織が痛みや不快な症状の原因なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

結合組織、つまり筋硬結を取り除かない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとってももとに戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療をおこなうことで再発しなくなります。

是非たんぽぽ整骨院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております

長期間の腰痛も改善するって本当?

2017.10.15 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。。
本日は腰痛についてお話させて頂きます。

腰痛は肩こりに並んで日本人の多くの方がお悩みの症状です。
腰痛や肩こりの原因は筋肉です。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。

結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫や肉離れ、むち打ちなどのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしむ悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースもあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状で¥がでつことはなくなるんですね。

お身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、お身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉が悪くなるとそこに炎症が起こります。
炎症というのは、段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出ますので、炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

それを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。

それを筋痛症候群と言って、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっています。
一番表面にあるのが筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムは悪部分が痛いからその痛みが起らないように、緊張させている体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみの事です。
筋肉の中にはたくさんの静脈があります。
痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

そうしてむくみが起こるのです。

筋スパズムや筋浮腫は生理学的な状態と言って、これ自体が悪いことではないんです。
身体が痛みとか、悪い状態を出さないようにしている体の状態の事を言います。

3層目は結合組織と言います。要はこれが筋硬結なのです。
この結合組織が痛みや不快な症状の原因なのです。

この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

結合組織、つまり筋硬結を取り除かない限りは筋スパズムや筋浮腫は何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしております。

交通事故の治療もたんぽぽ整骨院で出来るって本当?

2017.10.15 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日は交通事故についてお話させて頂きます。

交通事故でもっとも多いと言われているのが追突事故によるむち打ち症です。
むち打ちとは、鶴間の運転中の信号待ちなどの無防備な所に不意に大きな衝撃が加わることで筋肉が損傷し、痛みが出ます。

むち打ちの原因は筋肉なのです。
ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。

結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫や肉離れ、むち打ちなどのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって、筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば、辛い症状がでることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、お身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て、最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出るので筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

それを筋硬結と言います。
このシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群と言いまして、小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっています。
一番表面に筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いからその痛みが出ないように緊張させている体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみの事です。
筋肉の中には静脈がたくさんあります。
筋スパズムが出てくると筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

スパズムや筋浮腫は生理学的な反応と言って、これ自体が悪い状態ではありません。
身体が痛みとか悪い状態が出ないように抑えている体の反応なのです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。この結合組織が痛みや不快な症状の原因なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

筋硬結を取らない限りは筋スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

トレーニングもたんぽぽ整骨院にお任せください!

2017.10.15 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
本日はトレーニングについてお話させて頂きます。

最近筋力の低下が原因の腰痛や肩こり、首コリが増えています。
今お話させて頂きましたように、原因は筋肉なのです。

ではどうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。

結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。

筋肉には捻挫や肉離れ、むち打ちなどのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブチと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、お身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治癒・治ったというのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出るので、筋肉への血流が遮断されシコリが出来ます。

それを筋硬結と言います。
そのシコリが悪さをして痛みや不快な症状を出すのです。
それを筋痛症候群と言いまして、小さな傷積み重なったもので、慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっています。
一番表面にあるのが筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムというのは悪い部分が痛いから、その痛みが起こりにくいように緊張させている体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみの事です。
筋肉の中にはたくさんの静脈があります。

痛みを抑えようと筋スパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。
そうしてむくみが起こるのです。

スパズムや筋浮腫は生理学的な反応と言って、これ自体が悪い反応ではありません。
身体が痛みとか悪い状態が凝らないように抑えている状態のことです。

3層目は結合組織と言います。
要はこれが筋硬結なのです。この結合組織が痛みや不快な症状の原因なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言って、いわゆる病気なのです。

結合組織、つまり筋硬結を取っていかない限りは、スパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなります。

是非当院のインナーマッスルセラピーをお試しください。
みなさまのご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

冷え性やむくみのお悩みもたんぽぽ整骨院にお任せください!

2017.10.14 | Category: 未分類

いつもご来院誠にありがとうございます。
最近急に寒くなり、足元の冷えや、むくみやすい季節になりましたね。
本日は冷え性・むくみについてお話させていただきます。

まず、冷え性やむくみの原因は筋肉なのです。
では、どうして筋肉が悪くなってしまうのかをご説明させて頂きます。

結論から言うと傷ついた筋肉が治りきっていないからなんです。
筋肉には捻挫やむち打ち、肉離れのように筋肉に耐えられない負担がかかることでブチブと切れてしまう悪くなり方もあれば、今までかかってきた筋肉への負担の積み重ねで悪くなるケースがあります。

筋肉に細かい小さな断裂のようなものが毎日積み重なって筋肉に傷がついてしまうのです。
その傷が毎回治りきれば辛い症状が出ることはなくなるんですね。

身体が悪い人にいえることは、仕事やスポーツ、日常生活動作の中で痛い場所をかばってしまっている方がほとんどで、お身体に小さいけれど新しい傷を作り続けてしまっているのです。

筋肉に傷がつくとそこに炎症が起こります。
炎症というのは段階を経て最終的には治った・治癒というのが炎症のゴールになります。

ただ、筋肉が悪くなると周りの筋肉によってかばいが出るので炎症反応が途中で止まってしまいます。
そうなると、筋肉への血流が遮断され、シコリが出来るのです。

このシコリを筋硬結と言います。
このシコリが痛みやむくみなどの深不快な症状の原因なのです。
それを筋痛症候群と言い小さな傷が積み重なったもので慢性的な下地のようなものになるんです。

筋肉のシコリは3層構造になっています。
一番表面にあるのが筋スパズムという筋肉の緊張があります。
この筋スパズムは悪い部分が痛いから痛みが起らないように筋肉を緊張させている体の状態の事を言います。

その次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみの事です。
筋肉の中にはたくさんの静脈があります。

痛みや不快な症状を抑えるために筋肉が緊張すると筋肉が静脈を圧迫してしまいます。

むくみというと、顔や足をイメージされる方が多いかと思いますが、実は筋肉が悪くなると肩や腰、お尻もむくみます。

スパズムや筋浮腫は生理学的な状態と言って、これ自体が悪い反応ではありません。
身体が痛みや不快な症状を抑えようとしているのです。

3層目は結合組織と言います。
ようはこれが筋硬結なのです。この結合組織が痛みを出している原因なのです。
この結合組織の状態を病態生理学的な状態と言っていわゆる病気なのです。

結合組織、つまり筋硬結を取っていかない限りはスパズムや筋浮腫を何回も何回もとっても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療を行うことで再発しなくなます。

是非当院のインナーマッスルセラピーでお悩みの冷え性やむくみを改善していきましょう!

皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後