MENU TEL

ロコモティブシンドローム

 

ロコモティブシンドロームをご存知ですか?

ロコモティブ シンドロームとは運動器症候群のことでロコモと略されることもあります。
これは、運動器(筋肉や骨など)の障害により「要介護になる」リスクが高い状態になることです。
このロコモの原因には主に「運動器自体の疾患」と「加齢による運動器機能不全」が挙げられています。

・運動器自体の疾患とは?
骨粗鬆症に伴う様々な症状や変形性関節症、脆弱性骨折、脊柱管狭窄症、関節リウマチによる運動制限などがこれに当たります。
・加齢による運動器機能不全とは?
加齢による身体の衰えによる筋力低下、持久力低下、反応時間延長、運動速度の低下、バランス能力低下などがあげられます。

これらの原因により転倒を招きやすくなり寝たきりになってしますリスクが高まるのです。

ロコモティブシンドロームの予防には、毎日の運動習慣と食生活が重要です。「片脚立ち」でバランス能力をつけたり「スクワット」で下半身の筋力をつけるなどの運動はご自宅でも簡単に行うことができるのでおすすめです。毎日の生活の中で、階段を使う、歩いて買い物に行くなど少し運動を取り入れるだけでロコモ予防となります。

当院へのアクセス情報

所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-22-1 ネオ荻窪ハイム101号
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号03-5335-5023
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜午後